2009年 09月 13日

徹底

今年3月まで3年の担任を務め、今年4月からは1年の担任を務めている。教科の方向性としてJacquesが頭に描いているのは、「徹底」である。生徒にあることを徹底させるためには、多少のことには目をつぶらざるを得ない場面が出てくる。教員は欲張りな生き物なので、ついつい「あれもこれも」となってしまう。

Jacquesがこの1年間で徹底したいのは…
「教科書を丁寧に扱うこと」と「語彙」と「暗唱・暗写」である。

教科書を完全に理解させることから、基礎固めを行おうというのが向こう3年間の方針。ただし、教科書を丁寧に解説するという意味ではない。生徒の頭の中に教科書で扱った英語を残すということである。

基準に満たなければ何度も小テストを繰り返す。ちょっとずつではあるが、芽は出てきているようだ。この方向に間違いはなさそうだ。間違いがあれば、その都度訂正していけばいい。道半ばなのだから。

英語を使いこなせることはかっこいいことだが、そのようになるまでのプロセスは思いの外泥臭いものである。
[PR]

by jacques_southhill | 2009-09-13 23:08 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/12337130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【授業日誌】 mon,14/0...      はじめまして >>