HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 23日

【書評】英語教育10月号

私が英語教員になってから欠かさず買っている「英語教育」という名の雑誌。かれこれ10年分のストックが我が家に眠っている(記事を選んでPDF化しようと思っているけど、なんせ10年分ですから…。裁断しなきゃいけないし)

で、今回の特集は「授業内容の定着を図るテスト」。(くわしくはこちら

今号のどの記事も非常に示唆に富んでいる。取り上げられているテストは小テストに始まり、定期考査、模試などの外部試験にまで及ぶ。

特に興味深かった記事を挙げると
1.学校のテストは何のために行うのか(渡部良典氏)
「テストは教育活動の一環である」「言語教育のテストは学習効果を狙うのが当然」と題された記事は特に同意する。テストを作成する際には念頭に置くようにしているのだが、いざできあがってみると反省点が多い我がテスト。次は11月末の2学期中間考査。心して作ることにしよう。

2.学びのサイクルと同時進行のテストを(富永幸氏)
小テストと考査についての記事。小テストを「いつでも」行うという姿勢、考査内容の告知、授業で扱った以外の文章の出題等の筆者が持っているポリシーが垣間見える。Jacquesはこのうちの考査内容の告知を実践しているが、生徒からは「英語の先生は親切だよね」と言われることがある(それでも平均点は50点台なのだけど…)。また、授業で扱った英文と関連性のある英文を出題する旨を学年担当者で申し合わせている。「やればできる」部分と「ちょっと骨のある」部分を上手くテストの中に盛り込みたいと日々奮闘中。

3.ドS(?)テスト授業の威力(靜哲人氏)
タイトルからして強烈だが、記事を読むにつれその強烈さが倍加されて伝わってくる。授業のどの部分を切ってもテスト、テスト、テストなのだろう。さながらビリーズブートキャンプのようである。しかし、一つ一つをきちんとクリアすることが授業に参加する目的だととらえることもできる。この方法も取り入れてみたいと強く思った。1授業あたり400点満点のテストなのだそうだ。この記事には学生(筆者は大学教授)のコメントが載っているが、苦痛を超えたところに待っている快楽を肯定的に捉えているようだ。ちなみに筆者の最新著「英語授業の心・技・体」をアマゾンを通じて注文した。後ほど熟読したい(現段階で届いていない)
[PR]

by jacques_southhill | 2009-09-23 17:02 | resources | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/12422472
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【傍らの道具達】ScanSna...      【書評】データで読む英語教育の... >>