HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 29日

【授業日誌】Thu, 29/10/09

今日は英Ⅰ×1+英構×2

どうも数日空いたあとに授業をするのは苦手だ。学年閉鎖明け最初の授業。互いにとってリハビリの側面が非常に強い(特に私にとって)。

今日は英構の授業をクローズアップ。現在不定詞を扱っている。使用している教材は「forest intensive grammar」である。その中の3章分が不定詞である。不定詞を「1)動詞句を作る→2)文の中で動詞句を不定詞句に変え例文完成→3)並べ替えで各文を再現できるかテスト(と称して試す)→4)3)の裏面に書かれている日本語から英作文(難しいと感じる者は裏を見ながら再現する→5)参考書を使って要点のみ説明」の流れで指導している。進んでいる方のクラスでは5)の段階に進んだ。覚えたものに意味づけを行うことで理論面での定着を図る。最初から順番に説明していくよりも、授業でかける時間を節減できそうだ。捻出した時間の中で運用面をトレーニングできればと考えている。あと3週後には考査が控えていることだし。

準動詞は高校英語の中でポイントの一つだと考えている。以前も本ブログに書いたが、全体像を見せてから個別の事象を扱う流れを取り入れてみた。今後のことを考え、動詞句を作ることを目標の一つに据えた。英語の出来不出来を分けるポイントの一つは、句を見抜けるか否かであると思っている。今回3)の段階でテストを行ったが、英語が出来ない者は構造の組み立てに難があるようだ。writingはもちろんのこと、readingにもlisteningにも影響を与えるだろう。「区切ることと、区切ったかたまりをまとめること」-大切な要素の一つと考える(詳しくは後日)。
[PR]

by jacques_southhill | 2009-10-29 22:47 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/12783485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【授業日誌】Mon, 02/1...      【雑記】成長の跡を感じられる出来事 >>