HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 01日

【授業日誌】Thu, 01/02/10

今日、昨年12月に実施したGTECの結果が出てきた。思いの外良くない。中3生の全国平均に到達していない。これは数値としては結構衝撃的。日頃教えているのは高校生ですから…。自分が担当している学年は、特にリスニングが思いの外良くなかった。授業で時間をかけてやっているのだが…。これからじっくり分析し、今後にどのようにフィードバックするかを考えていきたい。リスニングに対応できる力を育成すること、WPMをどう伸ばすかが今後の焦点となるだろう。なお、ライティングはリーディング、リスニングに比べ良い数値が出ている。特に書くことを授業で扱ったわけではないが…。このライティングが比べてみれば良いという事実が明るい光となることを願っている。

今日から学年閉鎖の補充授業が断続的に組まれる。そんなわけで、1・3・5・7という自身の時間割。英Ⅰでは模試の長文の復習を音読で行いつつ、教科書のタスクを行う。結構盛りだくさんとなっている。英構では今までやった教材の全文ディクテーションを行い、関係詞の使い分けの話。考査範囲(すでに提示済み)のexerciseをあと3週間で最低3回やろうと言うことでノート提出を義務づけているが、約半数の生徒が手をつけ始めた状況。出来ない生徒は参考書の読み込みが甘い様子と、チャンクという概念が定着していない様子がうかがえる。大多数の生徒はごくごく少ないミスで済んでいる。ちなみに範囲はといえば、「準動詞・比較・関係詞・仮定法」。うち、準動詞は半分は前回の復習。果たして吉と出るか凶と出るか。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-02-01 21:31 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/13631258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【Resources】困った時...      【Resource】最近参考に... >>