2010年 02月 18日

【授業日誌】Thu, 18/02/09

今日は英Ⅰ×1+英構×2

英Ⅰはテスト範囲のLessonで用意したタスクを消化すべく突き進んだ。前時のタスクの解答→音読→ディクテーションで締め。アイルランドを扱っているこのレッスンで、エンヤが紹介されていたので、Orinoco Flowを授業のBGMにチョイス。ケルト音楽はどうだっただろうか。

英構ではExecise Marathonの2回目。テンポ良く学習を進めていく生徒もいるが、とりあえずノートチェックを受ける生徒もいたりと、丸付けは結構大変。しかし、今後の指導の方針やらアドバイスの方向性やらを得る良い機会となっている。文法事項の習熟以前に、英文の基本的構成に習熟していない生徒がままいる。これから英語を伸ばしていくためには、文法力が必要不可欠。より適切なアドバイスが与えられるようになった。文法参考書付属の文法テキストをまずは丁寧に反復しながらつぶしていくことが大切。まだ道半ばだ、頑張れ!

今日は模試の成績(速報版)が判明した。今の年次の過去3回のなかで最高の結果であった。もっというと、過去の学年の中でも最も良い結果となった。層の分布にも有意な差が見られる。課題は多く残るものの、順調な生育状況である。

模試を見て、上位者と下位者の差を決定づけているのは文法であることを実感。文法が悪く読解がよい者は印象で読んでいるのだろう。文法力をつけることで他領域に対する波及効果は高まるのではないだろうかというのがJacquesの仮説。そのための手は考えてある。次は2年7月。頑張ります。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-02-18 23:06 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/13766634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【雑記】英検面接官      【授業日誌】Wed, 17/0... >>