2010年 05月 24日

【雑記】学ぶ生徒、学ぶ教員

今日、こんな出来事があった。

Jacquesは現在2年次生の担任をしている。朝HRに行くと、とある生徒が読売新聞の記事とそれを自分で英訳したものを持ってJacquesのところへ来た。添削して欲しいと言うことだった。

記事は、昭和大学で歯科医師を養成するために患者役ができるようなロボットを開発したという内容だった。

午前中の空き時間を見て添削をした。それだけでは本当のところが見えなかったJacquesは自分で英訳してみた。細かいつながり等に注意しながら久々に和文英訳をした。それが終わって昼休みに件の生徒を職員室に呼び若干の解説と自分が作った訳例を渡した。

今やインターネットを介して世界とつながっている時代である。学ぼうと思えば素材はそこかしこに転がっている現在、自主的に興味深い記事を探し英訳を試みようとする彼女に頭が下がる思いである。と同時にJacquesに学びの機会を与えてくれたことに感謝した。今後もまた持っておいで、と言った。

ちなみに彼女はThe Daily Yomiuriを講読しているそうだ。Jacquesも以前講読していたが、なかなか目を通せなかったので断念した経験がある。

自分から積極的に英語にアクセスしようとしている彼女に拍手を送りたい。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-05-24 22:19 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/14448503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【授業日誌】Mon, 24/0...      【雑記】公開授業参加に望まれる姿勢 >>