HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 13日

【授業日誌】Mon, 13/09/10

今日から考査明けの授業が再開。本日は3年W+英Ⅱ+2年W。

3年はペースを上げて教科書を終わらせる方向に向かっていく。例文を覚えてもらっているが、ここで覚えている例文(強調)は、どちらかといえば読解で汎用性が高い部類に入る。考査(まだ返却していないが)の結果もまずまず。センター突破に向けていよいよ本気モードになっていく。模試の結果を見ても、素直にアドバイス通り取り組んでいる生徒は伸びている。素直さは学習につながっていくのです。頑張れ、3年生!

一方の2年生。取り組みに中だるみ傾向が見え隠れする者が結構いる。中だるみはある意味仕方のないことだとJacquesは考えている。許される「弛み」の範囲はどこまでなのか? そろそろ気付いて欲しい。頑張っている者は着実に成果を挙げている。特にWでは、得点が2倍近くになった者がいる。正直びっくりした。頑張っている生徒がいる。一方でいまいちな生徒もいる。「痛い目に遭っている」だろうと思う生徒に限って、「痛い目」になっていない現実。同じ失敗の繰り返し。抽象的な決意ではいけない。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-09-13 21:19 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/15117123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【雑記】Virtual Trip      【雑記】会議×3 >>