2010年 10月 26日

【授業日誌】時間の壁に敗北 Tue, 26/10/10

札幌、旭川で初雪の便りが届いた今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。ちなみに、この記事を書いている今現在、暴風警報が出ています。どうりで雨が横殴りになるわけだ。

授業はWも英Ⅱも音読練習。しこたま読む。家で授業の内容を思い出しながら出来るだけたくさん音読をするのが一番簡単にできる復習。授業で読んだとおり(CDで聴いたとおり)に再現できるかどうかがポイントです。30分未満でできるのになぁ。やると力になるのになぁ、といつも生徒にぼやいています。

英ⅡではGTECの案内。今回は基本はBasicを全員受験としながら、希望者にはAdvancedを受けてもらう予定。早速希望者が2クラスで4人出てきました。頑張れっ。

講習は諸般の事情で思い描いていた流れで授業が出来なかった。よって、15分延長の末に終了。惨敗です。読解を先にやり時間を十分にかけ、残った時間で文法事項の解答と解説を行うつもりだったが、真逆の流れにしたのが敗因。読解(設問を解く前提で)の時の頭の働かせ方を解説しながらやろうと思っていたのに…。外が暗くまで残って一生懸命やった生徒達よ、申し訳ない。

昨日作ったハンドアウトは、左側に本文(チャンク毎)、真ん中に和訳(チャンク毎)、右側に解答の糸口やら記述問題の採点基準を載せた。準備していて良かった。そうでなければただ解答しただけでおしまい。生徒の中には手も足も出ない者もいるので、授業内で頭を使わせるのは講習では必須要素。それが平素の授業とのささやかな差別化。時間内に収めるには重要度のランク付けが必要。まだまだ甘かった。その点は、相方の先生は非常に上手い。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-10-26 23:47 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/15356245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【授業日誌】Fri, 29/1...      【授業日誌】Mon, 25/1... >>