2010年 11月 29日

【授業日誌】考査前、慌てる Mon, 29/11/10

今日は授業が4つ。進度は試験範囲に充分間に合っている。Jacquesはなぜ慌てたのか? それは、free writingの添削が終わっていないから。ものぐさなつけを今頃になって払っているのだ。豆にやっておくべきだった。

まとめて添削していく中で、生徒の傾向が見えてくる。

例えば…、

1)不出来なものほど、複雑な構文を使い何が言いたいのかわからなくなっている。
2)文頭にBecauseを置き、単文で終わってしまう。
3)すぐにandでつなぎたがる。

単文を丁寧に重ねていくことをしっかり指導しなければ生徒のハードルは下がらないと実感。複雑な構文で伝わらない英文を書くくらいなら、単文を正確に書いて文脈をしっかり構築する方が利がありそう。考査明けはそうした部分を重点に指導していくこととする。授業でも時間を確保したほうがよいかもしれない(従来は家庭学習に任せていた)。文法事項を扱うexerciseはさっくりと解答で終わらせ、授業内でfree writingをしっかり扱ってみよう。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-11-29 23:16 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/15535373
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【雑記】明日から師走ですね      【tools】iPod tou... >>