2010年 12月 25日

【授業日誌】特別営業編(2) Sat, 25/12/10

今日無事講習中日を迎えました。今回の講習では「センター形式を知る」が目標。

1)読解(予習、辞書使用可)
この段階で毎日一編選び、段落毎の要約を生徒にさせている。辞書を使って丁寧に英文と向き合うことが目的。段落に注目することによりセンターの問題が解きやすくなるし、よくありがちな「読んだ証拠が残らない」英文を減らすことが目的。要約は生徒に板書させフィードバックし、それをもとに授業を展開している。トピックセンテンスに注目すると比較的容易に要約できるのが英文の良いところである。

2)読解(授業中、問題演習)
目的は時間制限のある中でセンターレベルの問題を解くことで、失敗しがちな時間配分を体得させることにある。意外な生徒が高得点(低得点の場合も…)を取ることもある。ちなみに今日扱った英文は、3年生でも手こずるほどの難易度(Jacquesも予習で手こずった)。「英文が面白かった」と感想をくれた生徒もいた(当然、難しかったという声もあった)

3)リスニング(授業中、問題演習+ディクテーション)
設問毎の概要を伝えた後、演習、ディクテーションと流れていく。スピードの速さに対応できない生徒もいる様子。他方、かなり得点率が高い生徒もいる。

4)自己採点シートの提出
講習毎の得点と感想を生徒に書かせ提出させている。出欠用紙も兼ねている。コメントには返事を書き次の時間に返却。コメントには「今回の講習は貴重でした」「読めるようになった気がします」「単語力のなさを痛感しています」等生徒によってさまざま。自分の課題を見極め今後に生かすことが目的。ちょっとした交換日記気分。

進度も比較的順調。今回から90分になったので、多様な展開が可能となった。目標は2月模試(生徒にとって初めてのマーク模試)で良いスタートを切れること。あっという間に時間が過ぎていく。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-12-25 20:38 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/15665086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【授業日誌】Sun, 26/1...      【授業日誌】特別営業編(1) ... >>