HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 28日

【雑記】研究会に参加して

土曜日に件の研究会に出席してきた。昨年12月に札幌で行われたものと内容は基本的に同じ。よって、札幌の会にも出席したJacquesにとってはよい復習の機会となった。一度聞いただけでは忘れてしまう。復習の必要性を実感した会となった。

その後は懇親会。といってもこぢんまりとした会だったのだが。いろいろと情報交換でき有意義だった。夕方5時から始まり、12時近くの3次会まで延べ7時間。Y氏とゆっくり飲めたのが収穫。Y氏も「Jacquesと飲みたいと思っていた」と言われ驚きを隠せなかった。

各校の実践事例を見るにつけ、頑張っている学校は中心となる方の顔が透けて見えるのが共通点だと感じた。しかも、多くの学校で同世代の先生方(30代半ば)が中心となっているというのが何とも興味深かった。本音を言えば、うちの学校でも40代の方がリーダーシップを取るべきなのでは?とずっと思っていた。最年少の私が…、という思いはどこかにくすぶっていた。B社の営業の方に明確に否定された。「結果が出ているのだからそれでいいのではないですか。」おっしゃるとおりである。

地域的な課題は山積である。英語科教員同士のネットワーク化は必須の課題だろう。教員の学びの機会は極めて少ない当地域。ならば求める気概が欲しい。特に初任者が多い当地には。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-02-28 06:54 | 雑記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/15985322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Marugari Tetsuo at 2011-02-28 19:15 x
 考えさせる記事をどうもありがとうございました。私ももっと上の方が引っ張るべきでは?と校務に関して常々思ってきましたが、思えばそれが間違えだったのかもしれませんね。結果が出てるのだから、という言葉にハッとさせられました。言い換えれば、生徒のためになっているのだから、ということかも知れませんね。生徒のために何ができるか、気づいた人から動けばいいのかもしれません。
 「うーん、そうだよな~」と、Jacquesさんの記事を読んで考えてしまいました。ありがとうございます。
Commented by jacques_southhill at 2011-02-28 22:54
>Marugari Tetsuo様
どうも私は年齢を意識しすぎてしまう節があるようで(体育会系ではないつもりですが)。私は英語科内では最年少です。引っ張りながら周りを巻き込むことができれば良いのかと思う次第です。How can we influence our co-workers? いつも自問自答しています。そのためには、色々考えを巡らせて、行動を起こすことが第一歩なのでしょう。
B社の営業担当の方からMarugariさんの話を伺いました。Marugariさんが数値目標を意識しているという点は私とは違います(私はどちらかというとプロセスを重視します)が、奮闘していらっしゃる様子を聞くにつけ、がんばらなきゃなぁ、と思いました。You have influenced me a lot.
追記:論文受賞の件、貴ブログで知りました。おめでとうございます。今度送って下さいね。


<< 【雑記】「格差」社会      【雑記】研修会のち研修会 >>