2011年 04月 18日

【授業日誌】Mon, 18/04/11

今日はR×2。方や文系の自然クラス。もう一方は理系で数ⅢCを選択していない生徒達。文系クラスは上位者が多い。理系の方は中下位層が多い。

同じ科目なのだが、進め方を変えた方がよいのかも?と理系生徒を見ていて感じた。今日は両クラスともセンター演習の日。両方ともリスニング1回分+筆記2回分を行う。文系では各列毎に1パラグラフの要約の時間を確保し、取り組ませ確認して終了(予定通り)。生徒には辞書を使ってもペアで相談しても構わないと伝えてある。

理系では前段のリスニングで多少の時間を要し、1題分の要約をして終了。(2題目のパラグラフ毎の要約は宿題とし、次回確認)。インプットのための音読の時間を確保するほうがよいか? 「頭の使い方」を確認しながら進んだ方が次回の演習に生きるか? 様々な試行錯誤が交錯する。 最初の段階なので多少ゆっくり目でも良いのかもしれない。進度に関して2人の先生(同じ科目を私を含め計3人で担当している)と話をし、実際に理系生徒を目の前にして若干のマイナーチェンジの必要性を実感した。

今日、A社にかねてから注文していたReading Powerという洋書が届いた。資料として使えると思い注文したのだが、本当に使えそうだ。これから題材を吟味し投げ込み教材用、または考査問題用として使いたい。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-04-18 21:26 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/16209300
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【雑記】今日は公開授業です。      【授業日誌】Thu, 14/0... >>