HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 30日

【雑記】授業の基本線(2011 R編)

タイトルとは全く関係ありませんが、今日無事に誕生日を迎えることが出来ました。これからの1年は、結果が問われる1年となりそうです。全体の成績も、スタサポを見る限りでは順調に伸びているようです。これからも英語指導に邁進します。

さて、今回はRの今年の指導上の軸について。

昨年度までの英Ⅱと大きく変えたのは、「予習前提の授業構成」としたこと。といっても、全文訳を課す等の予習ではなく、ハンドアウトベースで以下の内容を予習としている。

1)教科書付属のattention pointer(ディスコースマーカーやトピックセンテンス等の指摘)
2)教科書付属のTF
3)上記が終わった後で、わからない語句を調べリスト化(こちらからは一切与えていない。あくまで生徒が自分のわからない表現を調べリスト化する)

授業では以下のタスクに取り組んでいる。
1)英問英答
2)構造が複雑な英文の和訳(和訳はセンスグループ毎に与えている。生徒は和訳を見ながらスラッシュを入れ、辞書やフレーズの解説プリントを見ながら空所を補う形式)
3)英英辞典からの語彙定義を見て、適切な表現を抜き出す
4)サマリー(現状では空所補充が主)
5)段落毎の要約(現在は日本語で、ゆくゆくは英語で)

このうち、1~4はハンドアウトに取り込んでいるが、5は口答で指示している。任意のパラグラフを1つ選び、要約させている。もちろん、合間に音読練習も欠かさない。また、2)は予習として課していきたいと考えている。

このほかに週1度のペースでセンター試験の読解問題やリスニング問題にも取り組んでいる。こちらは全く予習させずその場で演習問題に取り組む。終わった後はペアで軽く答え合わせ(放っておいても解答の根拠等を説明している)また、帯活動として小テストのネタ本(upgrade)の音読練習。

説明の割合がどうしても高くなるが、その際は「読解の時の頭の使い方」を伝えるよう心がけている。単文レベルの構造から、パラグラフ単位での文の重要度まで、考えながら読むように生徒に伝えている。

基本形が出来つつあるので、生徒の状況と時期を見ながらカスタマイズがなされていくだろう。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-04-30 18:10 | 雑記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/16262508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Marugari Tetsuo at 2011-04-30 18:51 x
誕生日おめでとうございます。お互い体がきつくなってくる時期ですが無理しない程度にがんばりたいものですね。予習をどの程度させるかは難しいですよね。本校も予習のハンドアウトがありますが、かなり難しいようで、それができてしまうなら、本文理解もできるし、授業もあまりやってても意味ないのでは、と思うくらいの難易度のものもあります、正直。どの程度の難易度にするのか、jacquesさんの実践を参考にしたいものです。
Commented by jacques_southhill at 2011-04-30 21:19
Marugari Tetsuo様
自力で辞書等を駆使しながら理解しようとする姿勢を育てたいと思いこの方式にしています。予習からスムーズに音読や暗唱・暗写・アウトプットまで持って行ければ理想的です。英Ⅰ・Ⅱでは刷り込みを重視したので復習重視の授業をしていましたが、多読を軸に据えたいので、この方法を取っています。何を授業で行い、何を家庭学習に任せるか(家でやらせるか)、英語力をつけさせるためには避けては通れない課題かと思っています。
今年は私も年男です。年相応の落ち着きを、これが今年のテーマかな?


<< 【授業日誌】Mon, 02/0...      【雑記】依存症と浮気性 >>