2011年 06月 26日

【授業日誌】先週の授業を振り返って

先週の主立った授業にまつわる動きは次の通り

・他学年の代講授業
コレは勉強になった(日々勉強になることは多いのだが)。英Ⅱで文法を扱った授業を担当したのだが、予習チェックのハンコ押しに始まり、予習済みのエクササイズの解答、口頭練習(テキストに何も書かせず、問題を見て確認する)、小テストという流れ。小テストは授業内でやったことをそのまま出題。要は、授業の目標が「小テストでアウトプットできる」、という点にあるのだ。はじめて接する生徒達だったし、はじめてやる形態の授業であるが、終わった後はその年次の担当者に「楽しかった」と感想を告げた。こんな経験初めてである。生徒の参加態度も良かった。

・初任研と互見授業
木曜日には地域内の初任者が私の授業を見に来た。今週、3名の本校の英語の先生が私の授業を見に来た。本当に普段通りの授業を見ていただいた(見ていただいた授業はいずれもR)。いつもの流れは「upgrade音読→教科書用ハンドアウト」である。その中で、読ませたり聞かせたり考えさせたりするのだが、まず生徒の声の大きさに驚かれた先生が多かった。また、英文和訳空所補充では、指名した際のレスポンスの早さに驚いた先生がいた。コメントを見ながら、それらコメントからも学ぶことが多いなぁ、と実感。ちなみに、アポなしで授業を見学されるのは苦手である。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-06-26 08:44 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/16519369
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【授業日誌】学校祭も近いわけで。      【授業日誌】Tue, 21/0... >>