2011年 06月 27日

【授業日誌】学校祭も近いわけで。

今日は授業×2(いずれもR)

本気のスイッチって、どうやったら入れられるのか? 1クラスでは小テストを実施。やればできる小テストで、基準点の半分もとれずに不合格になっているのは、やるべきことをやっていないことの証拠である。きっちり説教させてもらった。甘いよ、認識がさ…。そうした生徒に限って、傷をなめ合う。そうした状況からどれだけ早く卒業できるかが大切なのです。「望み」があるのなら、本気でかなえようとしなさい。

今日HRでは久々に生徒全員がそろった。考査明けから2週間経つが、入れ替わり立ち替わり全道大会に行っていたもので。やはり座席が埋まっているHRはよい。

先週末は生徒が学校祭準備のため登校していたので、私も出勤。授業のハンドアウトを印刷したり、生徒の提出物をチェックしながら過ごした。私の年次の生徒達は何事においても始動が遅い。時数確保の観点からちょっぴり午後準備・終日準備が減るのだが、果たして大丈夫か?

模試の結果がリリースされた。平均点偏差値は想定よりも良かった。各分野の得点率も健闘の跡が見られたが、下位層もそれなりにいるのが問題。平均点に左右されず得点できる層が見えてきたので、平均点に合わせて得点が変動する生徒に焦点を合わせていこうと思っている。(平均点に左右されず、得点力もない者も残念ながらいる。そういう生徒ほど今までやったものを徹底的につぶすべきなのだが…)
[PR]

by jacques_southhill | 2011-06-27 22:14 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/16526641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【授業日誌】Fri, 01/0...      【授業日誌】先週の授業を振り返って >>