2011年 09月 12日

【授業日誌】 行動>言動 Tue, 12/09/11

今日はR2クラスで考査を返却した。採点に間違いないかを生徒に確認させ、解答用紙に振り返りコメントを記入させて解答用紙回収。3年生のこの時期の考査、考査レベルであっても、その伸びから生徒の学習状況が透けて見える。「リスニングで点数がとれるようになった」とか「読解の初見問題で点数がとれた」とか、前向きなコメントが多く、こちらの筆も進む。今後の学習への抱負も書いてもらったのだが、こちらも極めて前向き。

だが、とある生徒のコメントに対しJacquesは次のように書いた

「行動が言動に負けないようにすること」

書いてあることは立派なのだが、本当に実行している? と思わずにはいられなかったのだ。こうした言行不一致は英語学習だけではなく、日常生活にも通じている。

Jacquesも気をつけなければならないと、自戒の意味を込めてこのコメントを記すこととする。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-09-12 23:29 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/16845420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【雑記】教材の使用方法 その1      【雑記】考査が終わり、授業へ向かう >>