2011年 11月 24日

【授業日誌】Thu, 24/11/11

今日は今週初授業。

今朝ほどのエントリーで書いた「悪い予感」は、別な形で的中してしまった。留守中に実施した、学年共通の単語テストの範囲を一部間違って作成。相方の先生から報告を受け、事後対応についてあれこれ考えた。結論は出たのだが、がっかり。ごめんよ、生徒達。

それにしても今日はダメダメだった。他の先生が注文した弁当を間違えて食べそうになったり(Jacquesの弁当<他の先生の弁当、値段的に)、出張前に組んだ時間割にミスが多く発生したり(12月分、チェックをしてもらったので未然で防ぐことが出来た)と。反省…。

今日の授業を持ってセンター演習はひとまず終了。12月からは最後の「詰め」を行う。リスニングは最終回なので2回聴いてもらった。音声のスピード、設問の素直さもあり、生徒は概ね取り組みやすいと感じたようだ。筆記もまあまあの形で最終回を締めくくった。この年次の強みは、読解力が(過年度生徒比べ)一定水準であること、弱みは文法・語法等の知識面にある。この頃立て続けにリリースされる模試の結果からも明らかだ。12月から直前にかけては、読解力をメンテナンスしつつ、知識の強化がテーマになりそう。有意に難易度が下がっているわけではない問題集を使い切り、毎回回を追う毎にスコアアップがなされていたようだ。気を抜かせず、考査も越えさせ、最終局面に臨む。
[PR]

by jacques_southhill | 2011-11-24 23:28 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/17132190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【雑記】白熱教室      【雑記】今週初出勤 >>