2012年 01月 24日

【雑記】原因と結果の法則

今、3年次生の担任として出願の現場に立ち会っている。

センターの結果を踏まえて、国公立志望の生徒は決断を迫られる。予定通り第一志望に出願する者、第一志望の出願を断念し、シミュレーションした通りに一段階下げて出願する者、出願できる大学が無く苦悩する者と、その様子は様々である。

予定通り出願できる者は、予定通り(あるいはそれ以上)センターで得点した者。

一段階下げて志望する者は、目標が高すぎたか、目標に見合う努力が足りなかった者。

苦悩する者は、学習すべき時期に学習が出来なかった者、学習に偏りがあった者。
日常の生活から戒めてきたつもりだったが、足りなかったのだろうか?

受験を経験することで、後の人生に活かせる教訓を生徒達には感じ取って欲しい。なので、苦悩する者には敢えて苦言を呈している。結果には必ず何かしらの原因が存在する。特に、センターで失敗した者は、謙虚に今までの取り組みを総括すべき。やるべきことを何らかの言い訳とともに後回しにすることはなかったか? 目標に対し常日頃から努力していたか? 来る2次試験、さらには今後の人生に対する多くの示唆が総括から得られるはずだから。

今日はちょっと厳しめの投稿です。
[PR]

by jacques_southhill | 2012-01-24 01:44 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/17349177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【授業日誌】Fri, 27/0...      【雑記】センター終了。 >>