2012年 03月 21日

【雑記】来年度はサポート役

来年度の校務分掌が発表され、6年間続けた担任業を一時休止することが決まった。担任の6年間はあっという間に過ぎた。同じ6年間のはずなのに、6年ぶりの副担は長いブランクを感じる。出しゃばりすぎず支えていけるよう精進したい。

学年は1年生の所属である。メインの担任の先生は非常にやる気にあふれている。数歳私より年下の女性の先生である。今日1年次の指導の方向性について話し合いを持ったが、建設的な話し合いが出来た。英語Ⅰも英語構文もダイナミックな動きになりそうである。暗唱等のトレーニング系内容を充実させ、アウトプットまで持って行くことを確認した。そのために重要なのが高校英語入門期の扱い方。若干長めに時間をかけてでも学習方法を体感したり、英語指導の躾に関わる部分(辞書指導、発音指導、文字指導←この頃の生徒には必須)をきっちり行うことが当面の目標になりそうだ。

分掌も3年ぶりに進路に出戻り。こちらも年次の中でのサポート役といったところか。

次年度のテーマは、「やりたいことではなく、やるべきことをやる」である。与えられたmissonを誠心誠意果たしていきたい。
[PR]

by jacques_southhill | 2012-03-21 22:59 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/17702028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【授業日誌】下準備編 Wed,...      【授業日誌】Mon, 19/0... >>