HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 10日

【授業日誌】あろうことか。

昨日インフルエンザにかかっていることが判明し、1週間の自宅療養となってしまいました。1年次に所属していながら入学式に参加できず、という何ともトホホな状況です。4月のこの時期でもインフルエンザにかかる人はそれなりにいるようで、それにもまたびっくりしました。

閑話休題。

とりあえず授業の方ですが、ぎりぎり動き出せる段階までは春休み中に目処がついた(はず)なので、大丈夫でしょう(と思いたい)。特に、1年次はアウトプットをゴールに据えた授業となる。そのため、導入期指導として発音指導を徹底して行う。まずは子音から。もっとも、これらは継続させることが肝となるので、薄く広く取り組んでいくことが重要なのですが。導入期指導にじっくり時間をかけ、高校での英語学習をしっかりと刷り込みたい。

私の勤務校は、「英語力を強化する授業改善の取組」という文部科学省の研究指定校となった。can-doリストの策定と運用、小中高との連携、スピーキングテストが取組の3本柱となる。この1年は、本気でこれらのことに取り組んで行くこととなるだろう。私はその主担当というポジションである。研究成果は随時勤務先のHPにアップされることとなっている。上手く指定事業を活用し教員も生徒も一段のレベルアップができればと思っている。
[PR]

by jacques_southhill | 2012-04-10 21:37 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/17803691
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by げすと at 2012-04-14 21:37 x
こんばんは、以前コメントしました津別に勤務していた者です。今は道東のある町に住んでいます。jacquesさんは大修館の英語教育を講読してますでしょうか。 2012年の4月号を読むと私の記事が載っていますので読んでみてください。以後よろしくお願いいたします。
Commented by jacques_southhill at 2012-04-15 21:33
>げすと様
読ませていただきました。教員になって以来、「英語教育」をずっと購読していますから。語いの音読は以前、ウォームアップの一環として継続的に行ったことがあります。1週間通してしつこく同じ範囲を。英語を使った授業は刷り込みだと思うのです。最初はわかった生徒を軸にしながら見よう見まねで。時折生徒に通訳させることもあります。しばらくすれば、一定のクラスルームイングリッシュであれば自動的に反応できるようになります。
よい授業を目指し頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。


<< 【授業日誌】Sun, 22/0...      【雑記】進む準備。 >>