HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 22日

【授業日誌】Sun, 22/04/12 動いてもらい、感じてもらう

新年度の授業も1週間(インフルがなければ2週間だったのに…)が経ち、少しずつ生徒達もスムーズに活動に加わるようになってきた。

1年次生の授業は、家庭学習のしかたを授業内で演習。英語構文では例文(日本語にスラッシュを入れたもの)を英語の語順に並べ替え英語に直すことと、参考書を読めばわかるような質問を印刷しておき、答えを参考書を読んで記入してくるところまでが各課最初の宿題。授業では若干の説明と例文の音読、ワークブックの演習と、何かしら英語をアウトプットすることに最大限時間を使いたい。しかし、ベースとなる知識はしっかり身につけてもらいたい。そんなわけで先述のような方法で進めています。

英語Ⅰでは子音の発音指導から。靜哲人先生のこちらの本を参考に、まずは子音の練習から。何回かやっていくと、全体の発音もきれいになっていく。これは新たな発見。

3年次生のRでは、読解の時の頭の使い方を生徒に示すようにしている。フレーズごとの日本語訳や、分相互のつながり方の説明や理解など、訳読のようで訳読でない授業の進め方を模索している。読解は頭を使う行為であると生徒達には伝えてある。

いずれの年次もよく順応して取り組んでいる。「目の前の生徒達にどのように力をつけさせるか」をテーマに授業を組み立てていきたい。
[PR]

by jacques_southhill | 2012-04-22 16:01 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/17860192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【雑記】Can-do、前進      【授業日誌】あろうことか。 >>