2012年 07月 30日

【雑記】小学校の外国語活動のWSに参加して

今日は、例の文科省の事業の一環として、小学校の先生方の英語の研修におじゃました。中学校の授業は見る機会がそれなりのあるのだが、小学校はといえばJacquesにとっては未知の世界。

まず驚いたのが、小学校の先生方が英語でコミュニケーションをとろうとするその姿勢である。最初は当然ながら自己紹介からスタート。ALTの方の自己紹介に始まり、一通り参加者全員が自己紹介。自分自身のことだからかどうかはわからないが、自分が思ったより小学校の先生方はしゃべっていた。教員になった時、大多数の先生方は英語を教えることになるとは想像していなかっただろう。間違いを恐れず話す姿に感動した。やはり現場を見てみないとわからないことが多いな、と感じて帰ってきた。

現在、中高の先生方は大多数が英語をそれなりに操ることができるはずである。話し手のことを考えて理解してもらうために英語を話し、相手が言っていることを理解しようと英語を聞く。話すスピードから語いに至るまで、自分が英語を使う時には充分気をつけなければならないと気持ちを引き締めた。配布されたハンドアウトには次のような言葉が書かれていた。「相手が言っていることを理解しようとすること」(怪しいので、後日修正します) 

小学校の先生方から多くを学んだ研修会は、明日も講習の合間に行われる。
[PR]

by jacques_southhill | 2012-07-30 22:58 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/18288144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【講習日誌】 講習の振り返りと...      【授業日誌】スピーキングテスト... >>