2012年 08月 06日

【講習日誌】 講習の振り返りと模試の結果 Mon, 06/08/12

先週、札幌でいくつかセミナーが開催されたが、講習のためそのいずれにも出席することが出来なかった。講師の方々の顔ぶれを見るにつけ、恐らくエキサイティングなものだったに違いない。

そんな私が担当した講習は、1年次生の上位者向けのもの。120名近い総受講者のうち、40名程度が受講した(その他の生徒は、中学校の学び直しの講習を行った)。基礎英文問題精講をテキストとし、速読用タスク(内容一致)とフレーズごとの意味理解、重要構文を用いた英作文を予習として課し、授業では読み方等の解説+読んだ英文の音読を行った。毎日予習の取組・英文の難易度、授業の理解度を3段階で評価してもらい、最終日に今後の意気込みを記入してもらった。概ね肯定的な感想が集中した。(頭を使いながら読む経験が出来た、予習の度合いにより自分の理解度に大きな差が出た、学習法がわかったetc)。ホッと胸をなで下ろしていている。復習用にフレーズごとの訳を渡した。数多く音読し読んだ英語を自分の一部とできるよう取組を期待している。

多少難しめのものでも、食らいついてきた生徒が多かったことに救われた講習となった。講習が終わった跡空が、本当の学習の始まりです。上にも書きましたが、学習したことは自分の中にしっかりと取り込み、今後英語に触れる時の糧として欲しい。

しかし、個人的には反省も…。まず、分量が多すぎた。全部消化できなかったので、残りは各自取り組むように、という付録の扱いとなってしまった。あとは、設問が意味理解に偏ってしまった感があるので、内容理解(文相互のつながり)にまで行ければ理想的だったと反省している。多面的に英語に触れさせるなかで、英語のintakeが促され、アウトプットできるような展開を次回の課題としたい。

さて、模試のデータがリリースされた。入学時に実施したテストと比較し、大きく伸びた生徒が続出。今までに見たことがない伸び方なので、営業担当の方に電話をし、分析を加えてもらうこととした。自信のない生徒が多いので、今回の結果が学習に向かう起爆剤となればよいのだが…。
[PR]

by jacques_southhill | 2012-08-06 20:18 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/18313047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by げすと at 2012-08-07 19:44 x
こんばんは、先週の札幌のセミナー、27の電子辞書のセミナーと28のアルクセミナー参加してきました。29は残念ながら欠席しましたが。かなりエキサイティドしました。次は10日の札幌の高英研です。ひょっとするとどこかで私が登場するかも知れません。
Commented by jacques_southhill at 2012-08-07 22:52
ゲスト様:私は10日まで出張なので高英研は参加できません。お名前は把握してますので、何かおやりになるのだろうということは知ってました。ご成功をお祈りしております。


<< 【雑記】間もなく休み明け      【雑記】小学校の外国語活動のW... >>