HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 11日

【授業日誌】問いかけながらインタラクションで進める授業

今回は英語Ⅰの話。

考査明けから、教科書本文を初見で読ませ、最終的に英検2次試験での面接第5問の応答をさしあたってのゴールとする授業を始めた。パラフレーズして本文を理解させる案であったが、Jacquesは次のような展開で授業を行うことにした。教科書本文が持つ素材感をそのまま伝えたいと考えたからだ。



次は、Big Dipper Lesson 4 Part 1の本文。テーマはAnimal therapy。物語に出てくるtherapy dogの紹介

This dog is Oso. Oso means“bear”in Spanish, but he lives in the USA. He is a large, black, terrier mix. Oso loves to take a bath because he knows something good happens after it. He puts on a visor or neckerchief, and visits a nursing home.
(中略) 
  Some old people feel frustrated when they are not understood by other people. However, they do not have this problem with Oso. Oso can understand their feelings without words. Once he was a stray dog, but now he is helping people.

1文あるいは1フレーズを読み上げたあと、様々な問いを立て、その答えを生徒から引き出しながら授業を進めた(だいたい20〜25分くらいかかった)

例1)This dog is Oso. を読み上げたあと、What is the name of the dog?という問いを生徒に投げかける。質問にもよるが、ペアで答えを考えさせ、生徒に口頭で言わせる。
例2)What does Oso mean in Spanish?という質問を投げかけた。さらに、教科書の写真を見せながらWhy do you think the dog is named Oso? と尋ねた。多くの生徒は次の文を参照し英語で答える。Oso sounds better than Bear.なんて答えが出てきたらsurpriseである。
例3)What does Oso like to do?と質問し、He likes to take a bath.と本文から答えを引き出す。take a bathはこの本文での新出熟語。そこで、What time of the day do you like to take a bath, In the morning, in the afternoon, or at night?と質問する。さらに、Which do you like better, to take a bath or to take a shower?と質問を重ねる。
例4)Do you feel stress if you are not understood by other people? と質問を投げかけるother peopleのところは、a teacher, your friend, your parentsなどと状況に応じて具体化し、質問に対する答えを考えさせる。そして、You can say that you feel frustrated in this situation.等の英語でパラフレーズする。

なお、質問だけではなく、TPRの要素を入れた指示も適宜織り交ぜている。

これらの問いの区切りの良い所(フレーズ単位・文単位・パラグラフ単位etc)でchorus readingを行う。問いの合間に、内容に関する情報はメモを取って良いこととしている。定着活動やさらなる英語でのQAは宿題となる。また、このあとの授業では、音読を中心とした復習や自分の意見を述べるタスクが用意されている。

思いのほか機能した。ちなみにこのクラス、小テストや英語の定着活動に取り組む姿勢が甘いので、何時も何らかのダメ出し(説教)を受けている生徒たちである。今後どうなっていくのか。こちらの作問能力が問われる授業形態である。とあるブログ(もしかしたら本かもしれない)で、「読解とは問いを立てながら進める作業である」という一節を目にした。深く読むためには我々も何度も題材に目を通し、深く教材を理解しなければならない。しばらくはこの方法でやってみよう、と一筋の光を見た思いだ。

インスピレーションはここから得ました。
[PR]

by jacques_southhill | 2012-09-11 23:11 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/18444103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【授業日誌】空気を作る仕事      【授業日誌】考査開けの授業が待... >>