HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 30日

【授業日誌】日々の授業を久々に綴る Tue, 30/10/12

このごろは授業のことについてあまり書いていなかったな、と思いつつ、今日の授業を振り返る。

今日は英Ⅰ×1+英構×1+R×1そのうち今日は英Ⅰについて。

ユメタン0のフレーズの定着が思わしくないため、見開き2ページ計10フレーズから5つを選び小テスト。今日は上位者クラスだったので、出来は当然ながら良い。毎月行われる小テストの前哨戦ということで取り組んでいる。採点は1語につき1点。とりあえず毎月の単語テストの範囲を1週し、それが終わったあとはそのフレーズを実際に使用させようと思っている。続いては宿題にしていたQAの解答をさらっと。その後、今日は教科書の1パートの後半部分だったため、本文の内容に即したスピーキング活動。女優忍足亜希子さんを扱った全4パートのうちのパート1。彼女が28歳の時にオーディションを受けた経緯についての文章。そこで、こんな質問を投げかけた。

Imagine. You are 28 years old now. You want to become an actor. Will you take an audition?

生徒には、自分の立場(YesまたはNo)とその理由を話すように伝え、1回目のペアワーク。言えない表現もあるが、気にしない。その後時間を取り言えなかった表現を辞書等で確認させ再度ペアでのやり取り。その後何人かを指名しやり取りを行う。生徒の話に対しフィードバックしながら5分程度。思いの外生徒のスピーキングの質が変わってきていることを実感した。Yesの立場では、I don't want to give up my dream.とか、I work hard to make my dreams come true等の表現で自身の主張に理由を添えた。一方、Noという生徒の中に、I am not so youngという主張をした生徒がいた。そこから話はそれ、Do you think 28-year-old people are young?という質問を生徒に振り、意見を求めた。

SPEAKINGを授業のとりあえずのゴールにするようになって数ヶ月。生徒の話から授業が膨らんでいく感覚を実感することができた。英語版「銀の匙」よろしく、生徒の発話で話が膨らむ授業である。そのために必要なのは、どのような問いをこちらが立てるか、ということだと思っている。
[PR]

by jacques_southhill | 2012-10-30 23:18 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/18621603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【雑記】視察無事終了 Fri,...      【雑記】今週は視察の旅 >>