2012年 12月 31日

【雑記】2012年の終わりにあたって…

間もなく2012年が終わろうとしています。今年は教科指導の面で特に充実した1年となりました。

今年3月までは担任業務。医学部医学科に進学したいと初志を貫いた生徒たちは立派でした。その他にも、自分の目標に向かって果敢に挑んでいった生徒たちも多くいました。6年間の担任生活を締めくくるにふさわしい生徒たちでした。

4月からは文科省の指定事業。周囲の皆様の理解のもと、予定していたことは概ね順調に進めていくことができました。官民が協力して行なっているプロジェクトのよい事例となることでしょう。出張が非常に多かったのもこの事業の関係です。
5月には文科省に行きました(来年1月にも行く予定です)
6月と10月には札幌(10月には参加者130名ほどの皆様の前でプレゼンを行いました。初体験でしたが、貴重な経験をすることができました)
11月には東北地方に視察に出かけました。英語の授業もさることながら、震災の爪痕を前に言葉を失ってしまいました。

指定事業に関わり、challengingなことにも関わりました。「生徒に英語を話させる授業」と「中学校でのTTに高校生を帯同」です。

今回の事業の報告書類も仕上がり、提出も済みました。来る2013年も気力を充実させ英語教育の充実に微力ながら尽力できればと考えています。

多くの皆様に出会え、忙しくも充実した2012年となりました。来年も多くの出会いがありますように。
[PR]

by jacques_southhill | 2012-12-31 12:21 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/19071652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【雑記】New Year...      【授業日誌】授業ではなく、添削... >>