2013年 04月 21日

【授業日誌】高1生に英語で授業 Sun, 21/04/13

今日はこのところのコミ英Ⅰについて。

大方の生徒が「英語の授業は英語で」行われることを理解しています。最初の授業こそガイダンス機能も兼ねるので日本語を半分程度混ぜて行ったが、2回目以降は8割〜9割英語で授業を行なっています。このところ気をつけていることは…、

1)Classroom Englishをリストにして最初に配布し、「生徒が使う」クラスルームイングリッシュをある程度覚えさせる(2回目以降は手元に置かせ随時参照させています)。
2)わからなかった場合、何回か手を変え品を変え言い換える。
3)ペアで学習する形態を基本とし、わからない場合にはわかっている相方に説明させる。
4)全員がわかっていなくても、生徒は見よう見まねで活動を始める。そのような状況になるまで、英語で指示を繰り返す。
5)生徒のスピーキング活動では、テンプレートを与える。
6)授業内でJTEに話しかけるときには、英語で話しかけさせる。

今重点的にやっているのは、単語帳の語彙をしっかり例文レベルまで覚えることです。毎時間帯活動で月例単語テストに合わせ、全範囲を触れさせています。生徒にも予習・復習は単語帳のみとしています。中学校レベルの語彙が7割を占める単語帳を、まずはしっかり定着させたいのです。じんわりと英語に慣れさせて、学習法を伝えることが当面のテーマです。

追記:先週金曜日の授業中に震度1の地震が発生しました。私がThe earth is movingと何回か言うと、壁掛け時計をさしてThe watch(clockが正しいのは言うまでもない)is movingと言う生徒が登場しました。小さなことかもしれませんが、こうした生徒の姿勢を大切にしながら日々授業をしたいと思います。
[PR]

by jacques_southhill | 2013-04-21 17:23 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/19875710
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【雑記】生徒は宿泊研修、私は留守番。      【授業日誌】例文の暗唱から始ま... >>