2013年 05月 27日

【英語教育一般】座談会に参加して

先週土曜日に、英語教育に関する座談会(主査と先進校教員と私の計3名)に参加させていただいた。ちなみに私以外の2名は、本校での研究指定のスーパーバイザーを務めている方々である。この記事は9月発行予定のB社リーフレット「学習到達目標から指導・評価を考える(仮称)」の記事となる予定である。

座談会のテーマは概ね次のとおりである。
1.「英語による授業」について
2.目標→指導→評価が一体化されている実例について
3.今後目指すべき英語指導の方向性について

テーマに関連することからテーマから発展した内容まで、2時間の座談会は休憩を挟むことなくあっという間に終了を迎えた。最も印象に残ったのは、担当の方から「今後どのようにしていきたいか」という問いに対し、先進校の先生が言った「続けること」という言葉である。その場で思わず「意外ですね」と口にしてしまった。更に深めていく趣旨の言葉が出てくるものと勝手に思い込んでいた私。でも、実はマンパワーに頼らず一度始めた取組を継続させていくことこそが最も難しいのだと心のどこかで思っていた私にとっては、深い一言であった。私以外のお二方からは、英語教育を通して人間教育を行おうという強い意志を感じ取った。自分の浅さを思い知った。

その他、箇条書き的に
・脇道にそれることの大切さ
・コミュニケーションをとるreadinessがある生徒を見つける観察眼の重要性
・コミュニケーションしようとする生徒に寄り添おうという姿勢
・「一枚岩」な組織はなかなかないということ
・CAN-DOリスト形式の到達目標は「作った」がゴールではなく、どのように運用するかが重要だということ

続きは件の冊子で。
[PR]

by jacques_southhill | 2013-05-27 23:56 | 英語教育一般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/20279487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【授業日誌】既知を増やす、既知を使う      【授業日誌】初の単語テスト/語... >>