HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 12日

【授業日誌】コミ英Ⅰ 初めてのスピーキングテスト Tue, 11/06/13

今日は出張で不在の先生の分を含め、コミ英Ⅰの時間で3クラス分のスピーキングテストを行った。

出題内容は次の通り。生徒には事前に準備させることを狙い出題内容を提示した。

1.教科書で学習したLesson1つ分のうち、1パートの音読
2.自分に関する4つの情報を含めた自己紹介とJTEからの質問に対する返答
3.教科書のLessonのテーマに即したものとして、「自分にとって特別な日とその理由」とJTEへの質問

1時間で評価する人数は25名程度。思いの外時間がかかったが、今後の指導に向けた手がかりがつかめたり、生徒の意外な一面を知ることができたので、教科指導上も生徒理解上も有益だった。

【良かった点】
・事前の準備に概ね時間をかけることができていた。自己紹介のタスクでは、4つ以上の情報をちりばめ1分以上自分について話す生徒が半数程度いた。また、自分にとって特別な日について理由を含め説明するタスクでは、論理的にしっかりした構成で話す生徒が思いの外多かった。また、学習した文法事項(関係詞)を使おうとする姿勢や、関係副詞を正しく使いMy special day is my birthday. This is the day when I was born.と表現する生徒も予想以上に多かった。授業でやったことを自分自身の文脈で正しく使えている様子が見られたのは収穫。親元を離れ一人下宿している生徒がその思いをmy special dayのお題に据え、単文を積み重ねながら自分の言葉で英語で話している様子を見て感動した。

【今後に向けて】
・教科書の音読指導に比重を置く必要性を感じた。昨年の1年次生に比べ、音読にたどたどしさを感じさせる生徒が多かった。授業では子音の発音を重点的にやっているので、実際の本文でもそれを意識させること、授業はもちろん家庭での音読練習を充実させることを当面の指導の軸に据えていきたい。また、語尾をはっきり読んでしまいカタカナ発音になってしまう生徒も多かった。リエゾン等音声面に注意してCDを聞いて真似るサイクルを生徒に確立させたい。また、1パートを読むのに2〜3分かかる生徒が多数いた。遅めのCDに合わせて読んでも1分少々で終わることを考えると、明らかに時間がかかりすぎである。
・時間の制約がある中で、1コマでスピーキングを評価するための効率的手順を研究する必要がある。今回は音読・自己紹介・JTEからの質問への返答・特別な日の説明・JTEへの質問と5種類を盛り込んだテストとなった。精査するか分離するかを考える必要がある。

計画通りには進まなかったが非常に有益であったことだけは自信を持って言える。
[PR]

by jacques_southhill | 2013-06-12 00:36 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/20357749
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【授業日誌】考査で授業の振り返...      【雑記】英語教育点描 >>