HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 17日

【授業日誌】教科通信で学習指導 Mon, 17/06/13

今まで、担任で学年に入っている先生が教科通信を作り配布していたが、今回思うところがあり自分で教科通信を作成した。内容は、考査やスピーキングテストを踏まえた「学習方法」。

Learn, Practice, Useとタイトルを付け、「よく学べ、よく練習し、よく使え」と和訳をつけた。自分が作成した英語構文のテストで例文を書くテストを20点分出題したが、出来ない生徒ほど「やればできる」ところの取組が甘い。スピーキングテストでも、CDを使った音読テストの出来が今ひとつ(当然、授業でも扱っている)。そこで、通信の出番となった。今まではスピーキングテストや考査範囲等の事務連絡に終始していた。しかし、それだけでは通信の意味が無い。その時々に応じたメッセージを遊び心も交えて(時には授業から離れた英語の話も含めて)伝える道具として活用したい。両面印刷で作成したが、表面は「基本を大切にせよ。英語では基本=大事なことである。学習した事項を自分のスピーキング等に活用している生徒もいる。」ことを伝えた。裏面は、Courrier Japonや今井先生のセミナーの内容を元に、学習のヒントを載せた。授業で使わせることを意識すると、定着の活動は主に家庭学習で行われることになる。その意識を再確認したかったのだ。

考査明けの授業、いつも以上に緊張感を持って一生懸命取り組む生徒の姿があった。「前期中間考査のような学習ではまずい」と思ってくれたのなら嬉しい限り。実体験を通して、生徒には成長してほしい。それが本当の「学習能力」だと思う。
[PR]

by jacques_southhill | 2013-06-17 21:49 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/20382647
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【英語教育一般】外国語活動と英...      【授業日誌】考査で授業の振り返... >>