2013年 06月 26日

【授業日誌】ハンドアウトは道具です。

一緒に学年を組んでいる先生が、今まで作成したハンドアウトの他に「supplementary handout」と作成し意見を求められたので、次のように答えた。

「本当に必要ですか?」

と。理由は、何を狙って作ったハンドアウトかがはっきりしなかったからである。語彙の意味を提示し読解や聴解のハードルを下げるためのものなのか、表現を充実させるために作ったものなのか?

話を聞いていく中で、前者を狙って作ったハンドアウトであることがわかった。苦手な生徒が何とか読んだり聞いたりできるようにと願って作ったのだそうだ。

そうであれば、その目的にかなったハンドアウトを作るべきである。欲張りいろいろな情報を盛り込むと、苦手な生徒は何を参照してよいかわからなくなる(教科書の新出単語・熟語のハンドアウトは別途用意されている。また、supplementary handoutと熟語のハンドアウトの内容は重複している)。情報が各所に分散していると参照しにくくなり、目的が達成されないリスクが上がる。

ハンドアウトは指導者がカスタマイズ可能な「道具」である。道具は必要に迫られて作ることになるのだが、作成の思想が明確であるべきである。ハンドアウトを作る作業は、教員の授業力を上げることにつながる。与えられたハンドアウトを消化する方法ばかりを考えていては、授業力は上がらない。ハンドアウトづくりは職人の仕事に通じるところがある。作っていく中で多くの気づきが生まれ、新たに生まれるハンドアウトに落とし込まれていく。経験の浅い先生ほどハンドアウト作成型の教材研究を強く薦める。

素材の理解を促進させ、各教員の個性に合わせ手順等のカスタマイズが可能であるハンドアウトは優れたハンドアウトだとJacquesは思う。
[PR]

by jacques_southhill | 2013-06-26 01:19 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/20417265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【英語教育一般】第1回レイター...      【英語教育一般】外国語活動と英... >>