2013年 09月 02日

【授業日誌】mapping & retelling

コミ英Ⅰでの取り組みの話。

夏休み明け2週間ほどで扱ったレッスンは、多読・多聴の一環としてさらっと扱った。通常行っているQA・TF・スピーキング活動に加え、マッピングを取り扱った(アイディアは相方の先生から出たものです)。

手順は概ね次の通り。ハンドアウトの順番では最後のタスクとなっていたが、マッピングが概ねできればTF・QAにも対応できると考え、新出語彙を導入した後に行った。

・新出語いの導入と練習
・リスニングによるマッピング(段落ごとに進めた。なお、新出語い以外の語いは別紙リストにして生徒に提示。ペアワークで作らせる。今出来る範囲で作ればよいと生徒に伝える)
・リーディングによるマッピングの補足(基準はマップを見てパラグラフの内容が自分の英語で伝えられること)
・retellingの練習(本来は授業でやりたかったが、時間がないので各自家で練習するよう伝えた)

と、課題もあったが、何とか生徒は取り組んでいた。生徒はマッピングという手法を恐らく知らなかったので、やり方をハンドアウトに載せておけばよかったね、と相方の先生には伝えました(例は載っていました。が、今の生徒は例を活かすことがなかなか出来ないので…)。
[PR]

by jacques_southhill | 2013-09-02 21:43 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/20691133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【授業日誌】考査明け一発目、怒る      【英語教育一般】実践と理論(2) >>