HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 28日

【授業日誌】小テストに見る姿勢の変化

学習(の姿勢と行動の)指導に思いのほか時間がかかっている今年の1年次生。課題の取り組みが不十分と言っては喝を入れ、宿題を忘れたと言えばきつい一言を投げかけている日々が続いています。

今日は英語構文3クラス中2クラスで例文の小テスト。この小テストは例文をもとに英語をアウトプットするための下地作りとしてやっているもの。なので、中学校で学習した(はずの)文法事項に関しては復習的要素を含み、高校で積み上げて学習していく文法事項については予習的要素が強いテストとなっています。併せて、参考書の該当部分を自分でまとめてくるように生徒には予習を課します。

今回の小テスト範囲は1クラスが不定詞、もう1クラスが動名詞。今まで学習していた項目が関係詞や仮定法なので、文の長さ的に言うと短くなったので生徒にとっても覚えやすい(はず)。小テストは概ね次の手順で行っています。

1.テスト前に全体でコーラスリーディング&ペアワーク(同時読み、リピーティングなど)
2.テスト本番。テストは読み上げられた日本語を英語に直すもの。1文の語数と出題した例文番号を予め提示する。出題数は5題。極力使用頻度が高いものを選ぶよう心がけています。
3.ペアで採点。1語につき1点。総語数が7語であればノーミスで7点獲得。なお、テスト用紙は語数をカウントしやすいように、[     ]を並べてあり、生徒は[    ]内に適切な語を書き入れていく。

何より変化したのが、例文の小テストに向かう生徒たちの姿勢です。ブツクサという練習をする者、ハンドアウトの余白やルーズリーフに書く練習をするものと学習の方策に違いはあるが、目に見えていい方向に取り組みの質が変化しています。英語構文でのコミュニケーション活動は「例文をもとに自己表現をする」ことに主眼をおいています。使うことを前提に覚えるという流れの中で学習を進め、英語力の基礎を作り上げてほしいと思っています。
[PR]

by jacques_southhill | 2013-10-28 23:12 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/20884668
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【英語教育一般】なぜ英語を勉強する?      【授業日誌】新たなやり方試して... >>