HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 24日

【英語教育一般】教科指導セミナー終わる

先週木曜日に教科指導セミナーが終了した。私は講師という立場で参加させていただいた。

テーマはアウトプット活動とCAN-DOリスト形式の到達目標について。アウトプット活動の切り口を3つ用意し、アウトプット活動の実際とそこまでの指導について、若干の実演を交えて行った。語い・文法では自分のことを当該事項を使ってアウトプット。教科書本文ではいわゆる「行間を読む」「読んだ内容を使う」指導を実演した。技術を伝えることも大事だが、それ以上に大切なこととして「気持ち」というキーワードを参加者に提示した。生徒に英語の力をつけさせたい、等のポジティブな気持ちがあってこその指導法だと考えるからだ。最後は、「話すこと」に対する生徒の意欲の高まりを数値面から提示した。

CAN-DOリストについてはここまでの経緯と活用について。せっかく作ったものだからしっかりと活用したい、と思うのは必然だろう。CAN-DOリストに基づく自己評価と、考査が終わったあと、パフォーマンステストが終わってからの自己評価と本校でやっている自己評価を紹介した。自己評価は現状をチェックし、これからの学習活動につなげるために行っている。

その後参加者の皆さんは1つの英文を素材にレッスンプランをグループで作成した。非常に盛り上がり、建設的な意見が続出した。科目担当者間でこうした教材研究の時間を確保できるといいなぁ、と強く思った。もっとも、越えなければならないハードルはある気がするが。

参加者のアンケートを見させていただいたが、概ね反応が良かったようでホッとしている。

[PR]

by jacques_southhill | 2013-11-24 09:29 | 英語教育一般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/20998576
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【授業日誌】Fri, 22/1...      【授業日誌】Thu, 14/1... >>