2013年 11月 26日

【授業日誌】Fri, 22/11/13 パフォーマンステストに見る生徒の成長

先週金曜日の話になるが、第3回目のパフォーマンステスト(以下PMT)を実施した。コミ英Ⅰのレッスンの内容が「ユニヴァーサル・デザイン」だったので、ペアでUD製品を紹介するスキットが課題となった。生徒はそれぞれUD製品をB4の紙に描き、それを持ちながら(当初は黒板に貼っていたのだが、生徒が絵の前に立ち絵がほぼ見えなかった)スキットを演じた。

惜しかったのは、UDなのかバリアフリーデザインなのか、それとも両方に分類できないものを例として挙げている者がいたことだ。本文の内容がイマイチ理解しきれていない様子を見て、改善の余地を感じた。

しかし、教室に入った瞬間に成長の跡が見られた。ペアで練習に向かう姿が多く見られた。ペアだと相手に迷惑をかけまいと生徒たちは頑張るのだろうか? 以前は練習不足のままで本番に臨む生徒が多く、その度に釘を差していた。最初から気分よくテストに臨むことが出来た。

本番でも成長の跡が伝わってきた。声の大きさである。普段はゴモゴモしゃべる生徒も、必要十分な声量でしゃべっていたのだ。コミュニケーションを成立させるためには、距離に応じた必要十分な声量が必要。少しでもそのことが伝わってくれたようでホッとしている。

振り返りのコメントでは、上位層とその他でコメントの質が顕著に異なるのが発見だった。上位者ほどよく取り組んだ旨の記述等前向きなコメントが多く、中下位層では練習不足や、緊張して英文が飛んだなどのコメントが多かった点だ。いくつか特徴的なコメントを紹介したい。




・意味のかたまりを意識して読むことが出来た。文を覚えるのに何度も練習していくうちに、この文だけは日本語から英語にできるようになった。やはり、英語は何度も読むことが大切だと改めて思った。また、今回のベストスピーカー(生徒の互選による)に選ばれ、とても嬉しかった。
・あいさつやリアクションなどお互いにコミュニケーションを取っていて、そのようなことも大切だと思った。
・使える文法や単語を増やして、もっと色々なことを英語で表現できるようになりたい。
・こんなところにもユニヴァーサルデザインがあったのかと思った。ユニヴァーサルデザインは世界中の人達にとってなくてはならないものだと思った。
・入学当初に比べると、発表し終わったあとにパッと感想を英語に直すのが早くなったと思う。
・緊張したものの自分の実力を図る良い機会となった。
・調べてきたことを全て発表できた。
・今回の発表は前回の発表よりしっかり暗記できた。
・2人で協力して話し合ってから出来たのでよかった。リハーサルも出来た。

[PR]

by jacques_southhill | 2013-11-26 07:18 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/21005694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【雑記】今年もあと1ヶ月。走り...      【英語教育一般】教科指導セミナ... >>