HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 20日

【英語教育一般】英語を身につける指導を

昨日、中学校での月1回のTT今年度分が最終回を迎えました。

昨日は入試が近いこともあり、過去問題を用いた自由英作文に取り組みました。といっても、ほとんどは語順の話です。意味順の箱を意識させることがメインでした。その他、入試がゴールではなくその後も(英語)学習が続くこと、例文をしっかり2週間で身に付ける反復練習が大切なことを伝えてきました。

講義型の授業でしたが、中3生の皆さんはよく聞いてくれていました。

日本語から英語を発想する癖がついているのが課題です。正しい英語が「型」として出てくるようになるのが本来の姿だと思います。そのためには、定着のための練習が必要です。日々の授業では中学校でも高校でもそのことを意識し、伝えられることを増やしていくことが大切だと実感しました。英語を使えるように指導するという切り口で、小・中・高・大が一本の線の上につながると英語教育は大きく変わっていく気がしています。

【追記】タイトルを変更しました。今自分が授業をするときに必要と考える要素を入れてみました。タイトルは変わっても、奮闘の日々は続きます。

[PR]

by jacques_southhill | 2014-02-20 09:40 | 英語教育一般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/21701254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【英語教育一般】反応する生徒に      【雑記】臨時休校の日には…。 >>