2014年 04月 14日

【授業日誌】授業の日々、始まる

先週新学期を迎え、2週目を迎えた。授業の方も全クラス第1回目の授業が終了。

45分授業で、小テストが毎回行われ、1コマで扱うべき事柄が多い状況なので、綿密なタイムマネジメントが求められる。私も現任校の生徒ややり方に慣れ、生徒も私の授業スタイルに慣れることが効果を上げる方法と考えている。今手を入れはじめたのは、音読の際の声の大きさ。今までの授業の中で「声に出して読む」という行為が重視されていなかったのだろう。全て英語での授業はしばらく控えるが、最低限相手に伝わる音量で話せるように生徒にはなってほしい。そんなわけで、最初のハードルは「しっかり声に出す」である。

生徒たちの良い点としては、終わったあと不明点があればすかさず質問に来ることがあげられる。これは前任校ではなかなかなかったこと。ポテンシャルの高さを実感した。

3年次生の英語力を上げるために自分は何ができるか。常に自問自答しながら進んでいきたい。

[PR]

by jacques_southhill | 2014-04-14 20:09 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/22006530
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by guest at 2014-04-14 20:48 x
こんばんは こちらも授業が担当全部終了 45分はあっという間です。 単語練習でもかなり声がますし、伸び代がある生徒ばかりです。 出だしからオールモストイングリッシュです。お互い頑張りましょう。そしてまた函館でお会いしたいです。
Commented by jacques_southhill at 2014-04-15 22:51
guest様:こんばんは。うちの生徒たちは、こちらが英語で話す内容は概ね理解できるようなのですが、いかんせん発信に慣れていない様子。急激に慣れさせるという手もあるのですが、3年次生ということを考慮して、徐々に思考を伴うアウトプットに移行させたいと考えています。All in Englishの授業はつまるところ慣れの問題だと思っているので。


<< 【授業日誌】音読しながら問いか...      【雑記】新年度の授業を考え始める >>