2014年 04月 22日

【授業日誌】音読しながら問いかける授業

授業が始まり早2週間。こちらは試行錯誤しながらですが、互いに慣れてきている様子を肌で感じています。

Rではリーディングスキルを扱っています。タスクをシンプルにしたハンドアウトを作成し、生徒に演習してもらっています。こちらが説明する割合を少なく、生徒が頭を使う割合を多くをモットーに構成しています。タスクは教科書掲載のもの+英英辞典による定義のみにしています。小テストを毎時間行う方針で進んでいるので、教科書の進みは遅いのですが…。

説明の際は英語でパラフレーズすることを心がけています。生徒も慣れてきているようです。もともと、前任校よりも知識量がある生徒たちです。こうした積み重ねで生徒たちが覚醒してくれればいうことありません。これからの課題は、生徒が英語で内容を伝える、自分の考えを伝える機会を少しでも増やすことです。

[PR]

by jacques_southhill | 2014-04-22 18:59 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/22036632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【授業日誌】授業の型を作る日々      【授業日誌】授業の日々、始まる >>