2014年 07月 22日

【授業日誌】もうすぐ夏休みです

早いもので、異動してから初めての夏休みを迎えます。

担当している3年次生は総じて「初物」である私の授業を一生懸命受けています。今までの先生方と大きくスタイルが変わっているはずです。適応力の高さには助けられています。ただし、家庭で学習する量を増やす仕掛けが不十分だったように感じています。この頃は学習に向かう心構えを伝えることに主眼を置いた授業構成になっています。気持ちの重要性、語いの重要性、継続することの重要性、さながらHR担任のような感じです。

この前の週末から夏期講習が始まりました。私は英語を比較的苦手とする生徒向けのセンター試験過去問演習講座を担当しています。出題のポイントと解答の流れを解説しながら、夏休み中に教科すべきポイント(語い・文法)とその方法を60分の中に散りばめています。この後やるべきこと(不明語句を辞書で確認し覚える、音読練習など)を指示し、慌ただしく60分が過ぎていきます。毎回演習した問題の自己採点と講習の感想を毎日提出してもらい、コメントを付けて返却しています。

苦手な者は語句を固める。簡単なレベルから速読を意識した読解を行う。例文集の例文を丁寧に覚える。夏に苦手な生徒が取り組むべき事項をこのように伝えています。手持ちの教材を使い倒すことです。

私はといえば、セミナーに参加し今後のことも考えて来年度自分がもし担任を持つとしたら3年間どのような授業を展開するか、CAN-DOの試作も含めて考えたいと思います。学びと思索の夏にしたいと思っています。


[PR]

by jacques_southhill | 2014-07-22 21:00 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/22390757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【雑記】語い指導について      【授業日誌】リスニング力をつけさせる >>