2014年 08月 18日

【授業日誌】授業の日々、再び。

北海道は夏休みも終わりに近づいています。かくいう私の学校も今日から授業再開。

私が担当する3年生は今日GTECを受験。その後午後は3時間の授業。今日はWの授業1コマを実施。さすがに3年生ともなると、休み明けのだれた感じがない。学校の違いもあるのだろうが。

Wではいつも例文(Target Paragraph)の暗唱を始めに行っている。最初に生徒たちにいきなり読ませ、コーラスリーディングとフレーズの解説を行ったり来たり。そして個別練習の時間を与えてから、和訳を見せながらCDを聞かせてリテンション。この辺りの流れは先月行われたキムタツ先生のセミナーからアイディアを拝借した。次回までに暗唱できるように練習することを宿題として課した。

生徒たちは先週末受けた模試のことも気にしているだろうが、そんなに簡単に点数が取れるようにはならない。本気で始めてから2〜3ヶ月はみるように、と常日頃から伝えている。結果に一喜一憂することなく、力をつけるためになすべきことをただひたすらに。生徒に言うだけではなく、自分も少々長い目で生徒の成長に思いを馳せながら授業をやっていくことにする。

[PR]

by jacques_southhill | 2014-08-18 20:11 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/22490279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【雑記】数字と向き合う      【雑記】語い指導について >>