HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 23日

【授業日誌】長文を一気に何度も読ませる

Rの授業ではここしばらくレッスン全体を一気に扱っている。普通であればセクションやパート毎に読ませるところだが、長文(1000語超)に対する抵抗をなくすことを目的にこうした扱い方をしている。レッスン全体を扱うのは前任校ではよくやっていました。

おおまかな流れ
1)ディクトグロス/改行をしていない全文を読ませて段落分け
2)フレーズハント(日本語を手がかりにその意味を表す英語のフレーズを見つける)
3)T/F
4)Q and A
 ※3)4)は教科書のタスクを流用しワークシート化/LのあとにRで解答を確認させる流れです。
5)音読練習
6)Summary
※optional task:習った表現を使った自己表現

かける時間を短縮し、何度も英文を読む仕掛けをと思いこのように行っています。

説明を聞いて理解するより、漆塗りのタスクを経て英文をじんわりと理解する方が効果があるだろうと思いこのようにしています。教科書では数ページに渡る英文も、プリントにするとB4片面1枚に収まってしまいます。

[PR]

by jacques_southhill | 2014-10-23 20:59 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/22870930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【授業日誌】メルマガで取り組み...      【授業日誌】Rの授業でdict... >>