2014年 12月 31日

【雑記】今年もまもなく終わり

早いもので2014年も間もなく終わります。

今年は何と言っても10年ぶりに異動したことが最も大きなトピックです。1〜3月は研究指定のまとめを行い、研究紀要という形で発刊にこぎつけました。普段はそれほど忙しくなかったのですが、報告をまとめる時期になると忙しさが増しました。前任校最後の2年間はあちこちに出かける機会も多く、いろいろな知見を得ることができました。

異動後の4月以降は、3年生相手の授業が続きました。生徒たちの今までの学習歴と自分の実践内容の落とし所を探りながらの実践でした。新出表現を使ってアウトプットさせたり、要約をさせたり、題材に対して意見を求めたり、と。いつも行うことはできませんでしたが、授業評価によると生徒の満足度は非常に高かったように思います。今までとは違うスタイルの授業ですが、生徒の対応力のお陰で何とか進むことが出来ました。

10月にはアルクのメルマガに原稿を執筆する機会を得ました。今までやってきたことをまとめるいい機会でした。

2015年は函館からスタートします。函館→講習→前任校の先生の研究発表→キムタツセミナーという流れです。

最後になりますが、今年1年拙ブログをご覧頂きありがとうございました。来年はもっと更新頻度を上げたいところです。

[PR]

by jacques_southhill | 2014-12-31 08:48 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/23276273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【雑記】年が明け、色々学び考える      【授業日誌】文法構造に忠実に >>