2015年 01月 12日

【雑記】年が明け、色々学び考える

2015年もスタートし10日ほど経ちました。今年もよろしくお願いします。当地はいまだ冬休みです。

今年の英語教育に関わる活動は北の英語大学からスタートしました。
和文英訳から自由英作文に至るまで、ライティングについて学びました。和文英訳の手法を学んだこと、自由英作文のcriteriaの作り方の実例を学んだことが特に今後につながりそうです。英語を教えるにあたっての哲学みたいなものを講師の先生方の話から感じ取ることができるのもこのセミナーの良い点です。

その後は講習。年内に6回年明けに6回の計12回の後半戦。こちらは苦手な生徒向けなのでいたずらに多読とはせず選択肢の精読を予習として課し(辞書使用可)、その後で長文を読み、リスニング演習という構成にした。精読させることで何を生徒が理解していないのかが明確になる。読めない生徒は難しい語いでつまずているのではなく、中学校レベルの平易な語いでつまずいている。文法(構文)も同様。何となくよんでも4割ぐらいの得点は取れてしまう。さらに上積みを狙うならば、正確にできることを増やすことというのが今回の講習のテーマ。苦手な生徒はノートテイキングでも語いといった個別の表現にフォーカスする傾向が強いのも今回の気付き。こちらとしては大枠(問題の扱い方)等をノートテイキングして欲しいのだが。

講習の後半には元同僚が高教研で発表したので見に行った。研究指定初年度に1年次担任として教科運営を切り盛りし、着実に成果を上げてきた女性の先生である。発表も授業も磨かれている印象を受けた。家事と幼いお子さんの育児とを両立させるのは相当過酷だったはず。そんな状況だと知りながら、この先生でなければ研究指定はうまく進まないと無理に担任として推薦した経緯もあるので、このような形で発表の場を得た彼女の姿を見て嬉しく思った。

これからは来年度の授業をどうするか、思索を深めることがメインになるだろうか? 私的なCAN-DOも去年から細々と作り始めている。複数で授業を持つことになるので、共通して取り組む内容とゴール(本文を踏まえたアウトプット活動や表現活動)を定め、その他は各先生の個性が出るような枠組みを考えたいと思っている。

[PR]

by jacques_southhill | 2015-01-12 06:50 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/23323837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【雑記】センター試験が終わり、...      【雑記】今年もまもなく終わり >>