2015年 10月 27日

【授業日誌】小テストあれこれ

授業中に小テストを行うことが多いと思います。

自分がいま担当している1年次でも、コミュニケーション英語Ⅰで語いの小テスト(語いを例文の形で書かせる。問題は口頭で伝える)を実施しています。また、年次の取り組みとして朝中学校既習の文法事項を含む例文の小テストを行っています。

コミュニケーション英語Ⅰでの小テスト前期分は、中学校の語いの復習が多くを占めるテストのためそれほど問題は表面化しませんでした。後期になり高校初級レベルとされる語いのテストに切り替わったところ、多くの生徒が非常に苦戦するようになりました。

同僚の先生と話す中で、小テストの仕方を手を変え品を変え試してみようという話になり、生徒に次のような問い掛けをしました。前提として、どのような形式であれ皆さんが勉強しなければならないことに変わりはない、ということを伝えました。

1.語いを身につける方法について
2.どのような小テストの形式だとhappyになれるか

時間を取ってグループでアイディアを出してもらったところ、様々なアイディアが出てきました。

穴埋め、並べ替え、出題範囲を狭める、などなど…。

自分自身の問題として捉えてもらうことはできました。日本語の提示の仕方として、日本語として自然な文を提示するだけではなく、チャンクごとに日本語で提示すると生徒はより解答しやすいと言っていました。

覚えることに対する耐性を身につけてもらうことの重要性を実感しています。達成感を与えられる小テストにしたいのですが、そのためには生徒自身が取り組まなければいけません。達成感は自分で作るものなのだと思います。その手助けとしての小テストと考え、生徒に「どのような形式だとhappyになれるか」と問いかけてみました。

しばらく実験の日々は続きます。



[PR]

by jacques_southhill | 2015-10-27 00:19 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/24861162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【授業日誌】C英語Ⅰ教科書本文...      【授業日誌】文法を生徒が教える授業 >>