2015年 10月 27日

【授業日誌】C英語Ⅰ教科書本文と関連したアウトプット活動

連投ですね。

今日は自分が担任しているクラスのC英語Ⅰの授業。ALTとのTTで、教科書の内容を元にしたアウトプット活動。題材は辻井伸行の幼少時から現在までの成長を追ったもの。そこで、このようなタスクを考え実際に授業に臨んだ。

課題A:Imagine. You are Nobu’s parents. You know that Nobu is blind. What words do you give him?
課題B:Imagine. You are Nobu. You are blind. What words do you want to get from them?

4人グループを作り、どちらか一方の立場に立って課題に取り組んでもらった。

なかなかアウトプット活動が思うように進められず歯痒い思いをしていたのだが、生徒たちは私たちが思ったレベルを遥かに超える言葉の数々を紡いだ。

今回の目的は次の点に置いた。
1.答えのない問いに対して答えを考えることができる。
2.それぞれの立場から「言葉」を考え英語で伝えることができる。

ブレインストームの時間。最初は10分に設定したのだが生徒たちの要望もあり5分さらに延長。その最中、辞書を引いて自分が使う言葉を検索する者、単語帳(本年次ではMEW Expansion 1400を使用)から語いを見つけ出そうとするもの。使える語いを探すべく教科書本文に当たるもの、教員に英語を使って質問する者等、前期には見られないほどの積極性を見せてくれた。

そして発表。親の立場から5グループ、Nobuの立場から5グループ発表。45分授業のうち正味30分強を使い時間内に活動が収まった。生徒の言葉の数々があまりに良かったので生徒が作った英文を即回収し、パソコンで打ちなおした。(データは後日アップしたいと思います)

今回は特別なワークシートを一切用意せず、Oral Instructionで説明し、グループにA4用紙1枚を渡して活動を行った。これで活動が成立することがわかったのが大きな収穫。

本校の生徒は非常にシャイである。そのため前期はなかなか考えた活動がうまく機能しなかった。入学から半年、試行錯誤しながらではあるが、生徒たちのがんばりに一筋の光を見た思いがした。ALTも非常に感激したようで、その様子に今日の我がHRの日誌にも「褒められて嬉しかった」と正直な言葉が記されていた。毎日発行している学級通信に私は感謝の言葉を綴った。





[PR]

by jacques_southhill | 2015-10-27 22:27 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jacquessh.exblog.jp/tb/24864885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【雑記】2016年幕開け      【授業日誌】小テストあれこれ >>