カテゴリ:未分類( 4 )


2016年 11月 28日

【授業日誌】I have a dream暗唱テストを考査前日に

今日、授業で扱ったDr. Martin King Jr.とBarack Obamaの単元の仕上げとしてI have a dreamの暗唱テストを行いました。生徒が頑張った様子がリニアにわかるこの手のテストはこちらにも色々な示唆を与えてくれました。
しかも、明日から考査期間(わざと今日に設定しました)。

今日の発見
・英語が本当に苦手な生徒はやはり暗唱できない。
練習不足もあるのだが、それ以前に意味の把握や語彙の理解という前段階でつまづいている。

・しかし、大多数は練習で克服した
意味がわかったものを繰り返し読み込む作業は絶対に必要。英語を学ぶ目的は一つでも多く英語を自分の言葉とすることだと今日のまとめで生徒に伝えた。

・苦手な生徒は暗唱すべき文が飛ぶと最初に戻るが、ある程度練習した生徒は途中からリカバリーができる
今日最大の発見。対象となる英文と意味がリンクしているか否かがわかる。

・個々の単語の発音や前置詞・助動詞の否定が不安定な生徒も見られた

考査ではI have a dreamに関しては暗唱していることを前提に出題することを宣言している。そんなこともあって考査前日の今日、試験を実施した。しっかりと自分の言葉にできた生徒は、オリジナルにある味に自分の味を加えた。45分の授業で20人台前半の生徒の試験を実施したが、全て授業時間内に終えられました。

[PR]

by jacques_southhill | 2016-11-28 21:20 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 10日

【雑記】久々の授業

先週は卒業式の代休やら入試やらで授業がほぼない週だった。先々週は考査のため1日しか授業がなかった。そんなわけで今日から授業再開。

ちょっとでも間が空くとブランクを感じてしまい、リハビリが必要だと実感してしまう。

今年度の授業はあと2週間(=9日)。伝えられることはどんどん伝えていきたい。

[PR]

by jacques_southhill | 2014-03-10 07:12 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 06日

【英語教育一般】北の英語大学を修了しました

今年の英語教育関連の活動は「北の英語大学」参加から始まった。

6名の講師の先生による7つのワークショップ+4名の先生によるマイクロティーチングと盛りだくさんの内容だったが、時はあっという間に過ぎて終了を迎えた。

講師の先生方のキャリアと英語教育に対する思いに裏打ちされた技術の数々に直接触れることが出来た。私にとっては英語教育のこともさる事ながら、一つ一つの手法の裏に見える先生方の思いに深く聞き入った。生で見るプロフェッショナル・仕事の流儀であり、白熱教室であった。

どの講師の方も共通していたのは、音読の重視、語い・文法の指導の重要性、より生徒に力を付けさせたいという思いだった。思いがあっての技術なのだと実感した。また、講師の皆さんはガンガン生徒を引っ張っていくタイプは決してない。熱い思いを秘めて、gentleに授業をされている姿が透けて見えた。gentleさは自分は持ち合わせていないので、非常に引き込まれた。

2日めにはマイクロティーチングの機会を与えていただいた。Lessonに入る前の導入としてのスピーキング活動を体験していただいた。The Best Christmas Present in the Worldというタイトルだったので、What is your best Christmas present that you have got? という問いでペアで会話練習し、全体でシェアし、JTEが会話をふくらませる質問を投げかけたり他の生徒に感想を尋ねるまでの一連の流れを体験していただいた。伝え漏れてしまったこともあったが、概ね流れはわかっていただけたのではないかと思っています。

北海道内のみならず、本州・九州からも参加者がいたことに驚いた。また参加者の英語指導歴も様々。でも、夜には英語教育談義に花を咲かせた。Pricelessな3日間でした。


[PR]

by jacques_southhill | 2014-01-06 18:45 | Trackback | Comments(4)
2013年 12月 23日

【授業日誌】講習点描。

3連休、まだ学校は冬休みを迎えていませんが、日程の都合で冬期講習を行っています。今日で全体の5分の3が終了しました。前回(夏)に引き続き今回も1年次生の英語が得意ではない生徒達。前回は中学校で学習した文法事項の復習を行いましたが、今回は易しめの英文を何度も読み込み取り込む講習内容としました。「キムタツ式 はじめての英文速読(入門レベル)」をテキストに、次のようにやっています。

1.予習として、長文に出てくる語いを覚えてくる。前時の英文を暗誦する。
2.ペアで暗唱
3.1.のテスト。英語を読み上げ当てはまる意味を選ぶ(意味はテキストに印字済み)
4.制限時間つきスキミング
5.制限時間つきスキャニング
6.音読&解説&投げ込みの質問(授業の大半をこれに費やす)

頭を使いながら、音読しながら80分が過ぎていきます。

[PR]

by jacques_southhill | 2013-12-23 19:15 | Trackback | Comments(0)