HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 30日

【雑記】繰り返すことの重要性

先ほど投稿した記事にも書いたが、英構で今能動態→受動態のオーラルワークに取り組んでいる。あるクラスでは、今日で3回目のオーラルワークとなった。以前よりも出来るようになっている。今まではforest intensive grammarの例文ベースだったので、次回は解答済みのハンドアウトから出題することを生徒に伝えた。

その授業を10年研に来た先生が見学された。(Jacquesはちなみに来年10年研。つまり経験年数で下。そのことを、見学に来た先生は知っているのかなぁ?)授業を見学してのコメントを見た。そこで書かれていたことがこの投稿のタイトル。

英語は特にトレーニング的要素が強い教科だとJacquesは考えている。「常に前へ」進むことが比較的重視される中で、一度扱ったものを完全に定着させるための繰り返しは確かに時間がかかる。定着には繰り返しが必要不可欠。今後も精進したい。
[PR]

by jacques_southhill | 2009-09-30 22:40 | 英語教育一般 | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 30日

【授業日誌】Wed, 30/09/09

今日は英Ⅰ×2+英構×1(昨日は日記を書いていませんが、もちろん授業はありました)

いずれの授業でも、小テストを増量している(経緯はこちら)まさしく、「いつでもテスト」である。

この頃小テストと称して扱っている内容は以下の通り。(太字は今回新たにテストとして行っていること)

【英Ⅰ】
単語小テスト(ペーパー)
教科書各パートの新出表現(口頭)
音読(口頭、一文正しく言えれば合格)
暗唱(もちろん口頭、一文正しく言えれば合格)
暗写(ペーパー)
本文ディクテーション(従来のタスクをテスト化)
フレーズごとの和文英訳(従来のタスクをテスト化)

【英構】
単元内容のオーラルワーク(例文の和文英訳など。この頃は能動態→受動態)
単元テスト
リスニング
ディクテーション
各タスクの答え合わせ


【今日の工夫】
音読テストで生徒を指名する際、口頭ではなく、出席番号を記したカードで指名する。(比較的機能した)

いずれの「テスト」も、(授業内、家庭での)練習が先に来るよう配置・指示をしている。この方法は、目的がはっきりする点では非常に有効だと考える(生徒の取り組みの状況も良い)。課題は、こちらがこの方式に慣れて手際よく進行できるようになることと、早くに合格した生徒に対し次にすべきタスクを与えることである。
[PR]

by jacques_southhill | 2009-09-30 22:27 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 29日

【雑記】根底に流れる思想

かれこれ15年、英語を教えている。

同じものを教えているのだが、その考え方は大きく変わってきている。

【塾講師時代】
いかに内容をかみ砕いて教えるか、いかに生徒が見やすい板書を残すか、どう生徒達にインパクトを与え学習内容を記憶に残すかに腐心していた時期。塾講師の諸先輩方は本当に綿密な「予習」をしていた。どのように導入するか。どのタイミングで何の話をするか。板書で何色を使うか(=重要とする箇所をどこに設定するか)。などなど、数え上げればきりがない。

【教員1~4年目】
塾講師での土台を踏まえ、訳読式の授業をメインに取り組んでいた時期。「読んで終わり」とばかりに消費財のように教材を捉えていた。その時に出会った同僚の先生から、リスニングの3ラウンドシステムの考え方を学ぶ。概要理解→詳細理解→行間を理解するというのがその大まかなフレームワーク。これが今の授業の源流となっている。

【教員5~6年目】
現勤務校に転勤して間もない頃。少しだけ訳読式の授業をしていた。そこで、現任校の課題を見つける。それは、「英語に関する知識はあるが、使えるような知識にはなっていない」ということだった。経験値を上げれば、もっと英語力をつけることが出来るのでは? と考え始めた時期。

【教員7~10年目】
現任校で3年間担任を務める(便宜上第一期と呼ぶ)。単に訳読にとどまらないようタスクベースで授業を行った。本校ではもう一人英語科の先生が副担として学年に入るのだが、その先生の理解のもと、やりたいように授業をやらせてもらった。つたないながらも3年間を見据えて授業を構成することが出来た。若干ではあるが、過去の生徒達と比べて模試の平均偏差値が上昇した(低学年時は)。しかし、3年のリーディングで「型」にこだわる授業(トピックセンテンス等英文の型を重視する授業)に舵を切った結果、伸びが止まってしまった。センターもそこそこの結果で終わってしまった。その頃から、「扱った英語をintakeする方向性」を模索するようになった。英語の蓄積が最終的に物を言うことに気がついたからだ。教科書をただ一度扱うだけではなく、視点を変え扱うことは出来ないだろうか。その営みを通して、生徒達の頭の中に英語を残すことは出来ないだろうか? そんな思いに解答を与えてくれたのは、北海道函館中部高校での実践だった。漠然と私が考えていたことが実際に形になっている、そして成果が現れている。そのことを知り、今担当している学年では、函館中部の模倣を行うことをもう一人のパートナーの先生に相談し、了承されて今に至る。

ゴールはあくまで「生徒達の英語力を向上させる」ことに置きたい。その結果、英検やセンター試験、GTECのスコアが上がってくればよいと思っている。数字を上げることを目的にするのではなく、結果として数字が上がればよいと思っている。英語を教える上での職人になることを目標としている私であるが、未だ道半ばである。
[PR]

by jacques_southhill | 2009-09-29 01:41 | 英語教育一般 | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 28日

【授業日誌】Mon, 28/09/09

今日は英Ⅰ×1+英構×1

英Ⅰでは新しいパートで登場する表現をハンドアウトを用いて確認。その後、本日学習した内容をテストと称して確認した。テスト内容は以下の通り

・新出単語:(T)日本語→(S)英語、(T)英英辞書の定義→(S)単語
・新出熟語:(T)日本語→(S)英語

これを、全員を立たせて正解を言えた生徒から着席させる形式で行った。制限時間は授業最後の5分。約半分の生徒が着席できた。しかし、まだまだ甘いと判断し、次回も授業冒頭で行うことを伝えた。

ちなみに、このアイディアは英語教育10月号から借用したもの。

英構ではリスニング(メモを取らせる)→能動態から受動態へ(oral work)→say,believeの受動態→受動態を用いた熟語の流れで授業を行った。

今までsay, believeの受動態を難しく考えていたが、「人が言われる」という言い方と「発言内容が言われる」という言い方を学習するのだ、という視点で捉え直すと、シンプルになるようだ。

今後のことも考え、disappoint・satisfyは「~させる」という意味の動詞であることを確認し、それをわざわざ日本語で「がっかりさせられる」・「満足させられる」と受動的表現に直し、簡単に言うと「がっかりする」「満足する」となることを伝えた。(日本語では受動的表現ではないのに、英語では受動態を用いて表現する理由の説明)

今日は準動詞で使うプリントを作成した。「動詞句を正しく作ることが出来る」ことを出発点とした。動詞の部分が周囲の状況によってto doとなったり、doingとなったりすることを伝える流れ。これからそのhandout作りにいそしむこととする。
[PR]

by jacques_southhill | 2009-09-28 21:21 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 25日

【授業日誌】 Fri, 25/09/09

今日は英Ⅰ×2

2クラスとも単語テストを行った。

語彙力をつけることは言語を学ぶ上では避けては通れない。が、時間がかかる語彙力増強への道のり。どうにかならぬかと毎年苦労する部分である。今年は、昨年12月に某社主催のセミナーで聞いたキムタツこと木村達哉氏の方法をベースに考えてみた。ちなみに、本校で今使っているのは「英単語ターゲット1400」である。

(前提)
■1年で定着させたい単語数を820語に設定
■820語を1年間で4周できるよう週あたりのの単語数を設定(このあたりは、木村達哉氏の著書「ユメタン」に詳しい

■本校では年10回朝の10分間を用いて全校的に単語テストを行っている(1回あたりの語数は300~400語程度)
■出題形式等は学年裁量に任されている

(目標)
1周目:単語レベルで英語→日本語で言える(本校生徒の実情を考え、四択 朝のテストでは四択7割+記述3割)
2周目:単語レベルで日本語→英語で言える(同上)
3周目:英語のフレーズ(例文からその語を含むチャンクを示す)を見て適切な単語を補充
4周目:例文が再生できる

一週間継続して同じ100語~110語学習するというのがポイントである。木村氏の説明によると、この方式は通訳養成の学校で実際に用いられている方法なのだそうだ。

朝のテストのリハーサルをかねて、授業では50題の4択テストを行っている。合格点は7割以上としている。
今のところはテストの合否だけを見るとおおむね機能しているようだ。しかし、定着しているかどうかは模試等を見ないといけないだろう。

3年で入試勉強として単語帳を覚えるだけで終わってしまうような事態は何とか避けたい。
[PR]

by jacques_southhill | 2009-09-25 22:43 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 24日

【授業日誌】Thu, 24/09/09

今日は久しぶりの授業。英Ⅰ×1+英構×2

英Ⅰでは扱っているパート最後の授業。できるだけ多く音読できるよう、そして最後には暗唱に移行できるよう授業を行った。しかし、落とし穴が…。

今日は5分短縮授業の日。織り込み済みのはずだったのに、授業やっていると時間感覚が50分仕様になってしまう。暗唱テストは明日に持ち越し。

英構ではリスニング教材のディクテーションのあと、文法項目の学習へ。今は態を扱っている。今まで扱った基本的な部分をテスト(と生徒に言っているが、トレーニングのつもり。私的には)。能動態の文(例文で学習したもとの文)を聞き、受動態にするという内容。緊張感が支配していた(ように感じた)。今後、中学レベル(+α)の部分については、すぐレスポンスできるレベルまで覚え込んでくれるといいんだけど。次の時間も同様のことを行うので、例文をしっかり覚えてくるよう指示を出す。

今日は来るべき準動詞の指導アプローチを思案していた。動詞を中心とした句であることを出発点に、文の中でどのように使われるか分解しながら説明していくことにした。「まとまり」を正確に理解する視点を持つことが出来れば、スラッシュリーディングにもつながるし、精読にもつながるだろう。その部分をどう強調するかもう少し練ってみよう。

この頃、授業に対して非常に前向き。いい傾向だ。
[PR]

by jacques_southhill | 2009-09-24 21:05 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 23日

【傍らの道具達】ScanSnapS300

油断しているとすぐ紙に埋もれてしまうこの仕事。なんとかスッキリした机周りを実現したいと、目をつけて購入したのがこちら

今年5月に、アマゾンで20000円台前半だったので躊躇なく購入した。これが非常によい。まずサイズ。使わない時に引き出しにしまってもじゃまにならない。しかもセットすれば自動で読み込んでくれる。さらに両面(片面が白紙の場合は自動的にその分を削除してくれる)読んでくれる。OCRソフトと組み合わせれば、文字認識もしてくれるので模試や入試を教材用に加工しやすくなる(若干の手直しは必要だが)。マークシートも認識させられる(若干の慣れが必要だが)。

対費用効果を考えると、非常によい物に巡り会った気がする。

今日は出勤して、溜まった文書を全部スキャンして、紙をシュレッドして帰ってきた。これが結構スッキリする。
[PR]

by jacques_southhill | 2009-09-23 17:13 | tools | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 23日

【書評】英語教育10月号

私が英語教員になってから欠かさず買っている「英語教育」という名の雑誌。かれこれ10年分のストックが我が家に眠っている(記事を選んでPDF化しようと思っているけど、なんせ10年分ですから…。裁断しなきゃいけないし)

で、今回の特集は「授業内容の定着を図るテスト」。(くわしくはこちら

今号のどの記事も非常に示唆に富んでいる。取り上げられているテストは小テストに始まり、定期考査、模試などの外部試験にまで及ぶ。

特に興味深かった記事を挙げると
1.学校のテストは何のために行うのか(渡部良典氏)
「テストは教育活動の一環である」「言語教育のテストは学習効果を狙うのが当然」と題された記事は特に同意する。テストを作成する際には念頭に置くようにしているのだが、いざできあがってみると反省点が多い我がテスト。次は11月末の2学期中間考査。心して作ることにしよう。

2.学びのサイクルと同時進行のテストを(富永幸氏)
小テストと考査についての記事。小テストを「いつでも」行うという姿勢、考査内容の告知、授業で扱った以外の文章の出題等の筆者が持っているポリシーが垣間見える。Jacquesはこのうちの考査内容の告知を実践しているが、生徒からは「英語の先生は親切だよね」と言われることがある(それでも平均点は50点台なのだけど…)。また、授業で扱った英文と関連性のある英文を出題する旨を学年担当者で申し合わせている。「やればできる」部分と「ちょっと骨のある」部分を上手くテストの中に盛り込みたいと日々奮闘中。

3.ドS(?)テスト授業の威力(靜哲人氏)
タイトルからして強烈だが、記事を読むにつれその強烈さが倍加されて伝わってくる。授業のどの部分を切ってもテスト、テスト、テストなのだろう。さながらビリーズブートキャンプのようである。しかし、一つ一つをきちんとクリアすることが授業に参加する目的だととらえることもできる。この方法も取り入れてみたいと強く思った。1授業あたり400点満点のテストなのだそうだ。この記事には学生(筆者は大学教授)のコメントが載っているが、苦痛を超えたところに待っている快楽を肯定的に捉えているようだ。ちなみに筆者の最新著「英語授業の心・技・体」をアマゾンを通じて注文した。後ほど熟読したい(現段階で届いていない)
[PR]

by jacques_southhill | 2009-09-23 17:02 | resources | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 21日

【書評】データで読む英語教育の常識Q&A

今日本屋に行ったら、こんなタイトルの本が売っていたのでお買い上げ。

「データで読む英語教育の常識Q&A」 (高梨芳郎 著研究社、3,465円)
詳細情報はこちら
本屋に併設のミ○ドでコーヒー片手に乱読。

(書評)
・今まで感覚的にとらえていたことが数値的に考察されており、あながち感覚も外れているわけではないことを確認できる。
・4技能だけではなく、学習者要因や学習環境、テスト法についても数値を挙げながら検証が行われている。
・読者にはデータを元に考えることが要求されている。できれば著者なりの解決法を示して欲しかった。
・取り扱われている教科書関連のデータが10年程度前のものである(若干古いか?)。

他教科に比べデータで語られることが多いのが英語教育の特徴だと思う。自己の感覚の検証に非常に有効な本であると感じた。
[PR]

by jacques_southhill | 2009-09-21 23:36 | resources | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 18日

【授業日誌】精選

今日の授業は英Ⅰ×1+英構×2。

英構でjは今受動態を扱っている。能動態と受動態の関連を教えるところからスタートしている。名詞の場所が入れ替わること、それに伴い態が変わることを作業を通して確認させた。

さて、今日は英構担当者4人が集まって成績をつけた。その中で、これから指導していく「準動詞」の進め方を確認した。準動詞はある意味においては山場であるように感じる。そこで、最低限これは身につけて欲しい事項を精選した方がいいのでは?と提案した。確実に身につけてもらわねばならない幹の部分は何なのかを洗い出す必要性を感じている。これから思案が始まる。
[PR]

by jacques_southhill | 2009-09-18 01:09 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)