HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 30日

【授業日誌】Mon, 30/11/09

今日は英Ⅰ×2+英構×2+総合×1

英ⅠではGTECの模擬問題(付属のもの)を、時間を取って行った。そこで問題が。iPodに落としたと思っていた指示やらリスニングを読み上げるCDが同期されていなかった。あわてて職員室に戻りPCと同期を取った。何とか時間内に収まり一安心。iPodに小分けしながらCDをコピーしていることの短所が出た形となった。Readingの問題を通して、読みにも種類があることに気付いてもらえればと思う。出来はぼちぼちといったところか?

英構では分詞に入った。今回は次の流れにしてみた。なお、今日扱った題材は分詞の限定用法。

・修飾句が入る前の日本語を英語に。
・修飾句をどこに入れるべきか考えながら、target sentenceを作成(元になる進行形ならびに受動態の分は予め印刷されている)
・机間巡視しながら、ミスがあれば指摘し、合っていれば誉め作業をさせる。
・ある程度時間が経ったら、口頭で確認(生徒にはリピートさせる)

中学校で名詞の後置修飾は習っているはずなのだが、定着していない。文末にある名詞を修飾する場合は上手くできるのだが、主語を修飾する分詞句はことごとく書けていない。現在分詞と過去分詞が変わったり、場所が変わってしまうだけでいとも簡単に翻弄されているようだ。後置修飾については、その概念を早めに伝えておいたほうがよさそうだ(関係詞も控えているし)

数時間後には、分詞の山場の一つ、分詞構文が登場する。空いている時間に分詞の指導項目のリストアップ。メリハリを出来るだけつけられるよう配慮した(つもり)。

Lesson PlanはあくまでPlanである。生徒の姿があって初めて結実する。
[PR]

by jacques_southhill | 2009-11-30 21:45 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2009年 11月 29日

【雑記】本日も出勤

今日は午後から学校に行き溜まっている仕事をちょっと片付けた。

<本日の業務内容>
1.明日使う進路ノート(生徒分)を添削し返却できるよう準備した。
2.GTECの模擬テストの折り込み(冊子になるように印刷されていたので、配布時の手間を考え約120人分×2種類を折った)
3.次レッスンのハンドアウト印刷

外は暗くなっていた。この地はこの時期にもなると15時頃から暗くなる。

今週末はALTの中間期研修に出かける。そのため学校にいる月~水の授業もボリューム感いっぱい。頑張ります。
[PR]

by jacques_southhill | 2009-11-29 21:39 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2009年 11月 26日

【雑記】考査を乗り切った

自分が担当した科目の考査が終了した。終了後直ちにJacquesは採点を始め、その日のうちに終わらせることにしている。今回も約180枚の答案を5時間かけて採点した。全て終わった時には相当疲れた。明日は試験監督は割り当てられていない(教務担当なので、巡回はあるのだが)。今後の授業ならびに来るべき冬期講習に向けて準備をぼちぼち始めたい。
[PR]

by jacques_southhill | 2009-11-26 21:39 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2009年 11月 25日

【雑記】本日より考査

今日から考査が始まった。自分が担当の英語Ⅰは明日試験。果たして、結果はいかに???

今回の考査は英語構文から幕を開けた。放送によるリスニング約10分を含めて50分。今回は量にやられた生徒がかなり出たよう。ぼやく生徒に「文法系は瞬間的に反応できるまで例文を覚えていなければいけない」とと伝えた。模試もセンターも文法・語法に関わる部分は瞬発力の勝負。ここをいかに時間をかけずに出来るかで長文に振り向ける時間を捻出できるか否かが決まる。

今日は英Ⅰを組んでいるもう一人の先生と今後の方向性を確認。パート毎に読ませていた本文をレッスン毎に扱うよう変更することを決定した。タスクの組み方も工夫しなければならない。量に慣れさせるのも大切なこと。今までの流れを極力崩さず、効果的に学習が進むタスクを仕組みたい。
[PR]

by jacques_southhill | 2009-11-25 22:59 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2009年 11月 24日

【授業日誌+雑記】Tue, 24/11/09

明日から考査です。今日は1コマだけ自分のHRでの授業。暗唱テストと暗写テストを実施。以前に比べ取り組みに真剣さが顕著に見られるようになった。英語は苦手にしている生徒が多いのだが、少しずつでもいいから伸びて欲しいと思っている。

今日は空き時間が潤沢にあったので、考査問題の精査と印刷、冬期講習を見据え11月模試の精読、今後の授業を見据えこれから扱う教科書本文の精読。

英文がただ訳すだけの対象であるとすれば、それは理解にはつながらない。パラグラフの基本構造に気付き、言い換えや対比などに気づく。読解の最初の一歩はこうしたプロセスからはじまるのでは?と思うようになった。この点を大事にして教材研究するよう、ここしばらく心がけている。英語のパラグラフ構成は、くどい説教をする親父があの手この手で言い換え補足しながら説教を引き延ばすのに似ているな、とこの記事を書いて思った。

生徒が平易な教材の中に深みを見いだせるよう、教員は準備をする。

話は変わり、今日、今年3月まで担任団を組んでいた某教諭から質問を受けた。本校では今年度から英Ⅰの教科書のレベルを下げた。理科教諭の彼から見れば、それはそれは大胆な決断に見えたようだ。問いは、「なぜ教科書のレベルを下げたのか」と「入試等に対応できるのか」の2点。本校に入学してくる生徒層の変化によるところが大きい。平素扱うものは比較的平易な教科書で敷居を下げ、余力のある生徒には投げ込み等で対応、と答えた。教科の特性がなせる技である。もっとも、この件に関しては複数年にわたる検証が必要であることは言うまでもない。今のところ教科書のレベルを下げたからと言って模試(等)で大きな影響は出ていないが。
[PR]

by jacques_southhill | 2009-11-24 23:30 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(2)
2009年 11月 23日

【雑記】出ました。

10/31に実施した模試の結果がリリースされた。前回(7月比)0.9ポイントのダウン。ちょっとショック。うちの生徒達ができているということは、全国の高1生が出来ているということなのだ。

<今回のあっぱれっ!>
・発音・アクセント…唯一の全国平均超え。配点が4点とはいえ、全国平均を超えられたのは立派。

<今回のぼちぼち…>
・リスニング…全国平均まであと少し。自己採点での生徒の感触も悪くはなかったはず。全国の壁は結構高い。

<今回の喝!>
・読解(評論)…今まで、教科書で評論文らしい評論文を扱っていない。冬期講習でもう一度題材として扱ってみようと考えている。一度扱った文章だから、深く読み進めていきたい。
・表現力(並べ替え、英作文)…時間が足りなかったからか、それとも表現力が備わっていないからか。

いずれにしても、個々の動きを詳細に分析しなければならないだろう。48~50の層がボリュームゾーンになっていることを考えると、まだ望みを捨てるわけにはいかない。
[PR]

by jacques_southhill | 2009-11-23 16:13 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2009年 11月 18日

【授業日誌】Wed, 18/11/09

今日は授業が4コマ。

英Ⅰの2クラスではGTECの事前説明を軽く行った。自分の英語力がリニアにスコアという形で現れる。そのことを伝えると、「怖いなぁ」と正直な感想を漏らす生徒がいた。そう、自分の力が数値化されるというのは、実は恐ろしいことなのだ。今年は導入初年度なので、考査明けに1時間模擬問題をやってみる予定。今後、GTECの出来を踏まえ、授業に何を落とし込むか考えていかなければならない。

英構の授業ではforget, rememberなど動名詞・不定詞両方を目的語として取ることができるが、意味が異なる動詞を参考書や実例を使って紹介した。doingは「実際の動作」、to doは「動作の可能性」であることを押し続け、ここでようやく理解が深まった生徒が現れたよう。あとは実戦あるのみ。使うことで理解が促進されることだろう。考査の範囲より1章分先取に進んでいる。余裕を持って説明することが出来た。1時間に1項目指導するシラバスの方が定着がはかどるような気がしている。今後に向けて非常に参考となるだろう。

考査問題は今日95点分が完成。あとはしっかりと練り上げたい。いつも取り組んでいるタスクをテストの中にいかに落とし込むことが出来るか。考査作りは楽しみでもあり苦しみでもある。
[PR]

by jacques_southhill | 2009-11-18 21:48 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2009年 11月 17日

【授業日誌】Tue, 17/11/09

今日は英Ⅰ×2

クラスによりやっている箇所は異なるのだが、今日はSV等の構造把握をメインとしたクラスが1つ、音読とディクテーションを軸にした授業展開のクラスが一つ。構造の把握がままならない生徒もいる現実を見て、今後に一抹の不安を感じた。無意識のうちに構造把握が出来ることを目指し、今はトレーニングとして構造把握を行っている。平易な文まで構造把握を(意図的に)する必要はないと考えている。でもさぁ、中学校段階からS+Vのパターンは定着していて欲しいと切に思う。

考査問題作成に着手した。今日は使用するテキストの貼り付けと17点分の作問を行った。3連休突入前には完成させたい(そしてそのあと熟成させたい)。

旅行会社に依頼していた12月の出張に関わる交通手段と宿泊先の予約が確定した。どちらも教科がらみ。2度出張に行くのだが、1回目はALTの中間期研修会、2回目は函館への視察研修である。どちらも実りあるものにしたい。お世話になる方々へ、よろしくお願いします。
[PR]

by jacques_southhill | 2009-11-17 21:41 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2009年 11月 16日

【授業日誌】Mon, 16/11/09

久々の投稿ですね。今日は英Ⅰ×2+英構×1(午前授業)

考査範囲のひとまずの終了を目指し、タスクを進めていく。今回はほぼどのクラスもどうにかこうにか範囲は終了しそう。あとはどれだけ習熟させるかとなるわけだが、特に英Ⅰでは「暗唱・暗写が出来ることを前提にして出題する」と公言している。

考査の方向性
1.既習の英文の復元(空所補充、並べ替えetc)
2.授業でやったタスクをベースに問題を作成
3.初見の英文を出題


大きな方向性は以上3点。今回は英Ⅰの問題作成の担当。まだ手をつけていないが、大まかな方向性は決まっている。あとは初見の英文のネタをどこに求めるか。できるだけ教科書で扱った題材にテーマが近しいものを選ぶようにしている。検定済み教科書からそうしたネタを上手く探し出すことが出来るか。検索能力が問われそう。
[PR]

by jacques_southhill | 2009-11-16 22:08 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2009年 11月 10日

【雑記】卒業生の活躍

本校卒業生に、先頃バンクーバー五輪行きを決めたチーム青森(カーリングね)メンバーがいる。今日は朝(おそらく昼)夜とテレビに繰り返し顔が出ていた。1年生の時に彼女の副担をしていたのだ。

俗っぽい言い方だが、自分が務めている(務めていた)学校から著名人が輩出されることはそうそうない。彼女には是非頑張って欲しい。この学校にいて良かったと思わせてくれる出来事がまた一つ増えました。
[PR]

by jacques_southhill | 2009-11-10 00:38 | 雑記 | Trackback | Comments(0)