<   2010年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 26日

【雑記】嬉しい再会

昨日のことになるが、去年自分のクラスにいた生徒が学校に来ていた。彼は、現役でとある大学に入学したが、思うところがあって大学を受け直し見事全勝した。職員玄関で彼に会った私は、職員室に招き入れ話に花を咲かせた。

彼には野望があり、大学進学に対してはある意味においてストイックすぎた。視野が狭かったのである。そんな彼が進学で関東に行き、様々な経験を積む中で人間としても大きく成長した。自分でもそのことを実感していたようだった。

彼を見て、自分が彼に行った進路上の助言が間違っていたのかと考え込んでしまった。そこで、彼に聞いてみた。「現役で大学に行くことにこだわりすぎたのだろうか?」と。彼は自信を込めて言った。「この1年は自分にとって貴重なものだった」と。結果往来であるが、Jacquesはほっとした。と同時に、多くを吸収した彼の感性をうらやましく思った。他者の助言より自らの経験の方が絶対に身に染みる。だから行動が変わる。周りが見えてくる。目標に対して猪突猛進もよいが、周囲の風景を眺める余裕も欲しい。それがメリハリなのでは?と思った。

教員は人生経験上生徒よりも多くを見ている。だからおおかた結果の予想がつく。しかし、見えているものを全て伝えようとは考えていない。理由は簡単。生徒自身の経験に勝るものはないからだ。もちろん、言うべきことは言うが。

昨日は宅浪という辛い道を選びながら、良く努力し国公立大受験を迎えた生徒もいた。去年卒業した自分のクラスの生徒のことをふと思い出すそんな日だった。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-02-26 22:00 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 24日

【授業日誌】Wed, 24/02/10

今日は考査weekの最中。ということは、午後には時間的余裕があった。というわけで、B社の方に来校していただき、研修も兼ねてGTEC分析会を行った。質疑応答も含めて2時間弱。数字が持つ意味、今後の方向性等のフィードバックを頂いた。個人的に気になっていたのは、GTECのグレード・スコアと模試の偏差値のアンバランス傾向が見られる生徒に関して。本校ではGTECのグレードに比べ模試が振るわない者が結構いる。見方は多々あるだろうが、模試において実力が出し切れていないという見方が成立するようだ。数字のために勉強しているわけではないが、生徒のモチベーションを上げる材料として有効に活用したい。件のケースでは解決策はほぼ明示されているに等しい。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-02-24 20:57 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 22日

【授業日誌】Mon, 22/02/22 -link-

今日は英Ⅰ×1+英構×2

いずれのクラスも考査前最終授業。余裕を持って終わっていたので、復習に時間を費やすことが出来た。

英Ⅰは積み残しのタスクを終え試験範囲3レッスン分を音読。各レッスン毎に手を換え品を替え音読してもらいました。日頃から「正しい英語を出来るだけたくさん頭に入れるために、何度も読んで何度も書きなさい」と言っている。細かい単語や熟語を個別に覚えるよりは、こっちの方が効率的。

英構はexercise marathon。今日最終日(一応)を迎え、完走した生徒は各クラスとも3分の1。よく頑張りました。特徴的だったのが、完走者に見る、英語が得意な者の割合と、英語が苦手な者の割合がほぼ同じだったこと。苦手な生徒は丸が増えていくことに快感を感じている様子。1つのものをみっちりとやり込んだ方が力はつく。特に苦手でこの過酷なマラソンを完走した生徒の考査での成功を願いたい。

今日は、リンクさせることの重要性を感じた一日だった。仮定法がわからないと言っていた生徒は、現実(=直説法)と表裏一体の関係であることを説くと納得した。職員室では、カバ(hippo)はアラビア語との関連があること、古典の「反実仮想」と英語の「仮定法」は関連があることなど、知らない自分を恥じると同時に、各教科間の内容がリンクし、ネットワーク化されることで知識が強化されるのを実感した。語源指導もその一部であろう。自分の教科ばかり見ていてはいけない。他教科の内容にもリンクすべき知識が含まれている。そんな意味で、英語は「総合学習」的要素を多分に含んでいるのではないだろうか。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-02-22 20:13 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 21日

【雑記】英検面接官

今日、久々に英検の面接官を担当しました。いつもは実施委員として試験の運営に携わっていましたが、今回縁があったもので。

担当したのは準2級と3級。詳細はここに記すにはちょっと早すぎるので、また後日にします。

英語の試験全般に言えるのかもしれませんが、求められているのは瞬発力だと思います。質問に対する応答などはその最たるものです。知識が瞬発力の土台となるようトレーニングしていく必要がありそうです。質問を発し答えがすぐに返ってくるのは非常に気持ちがよいものです。久方の面接官業務を通して、新たな気づきがJacquesにもたらされました。

実施委員の先生方も若いながらそつなく仕事をこなしてくださいました。この場を借りてお礼申し上げます。またお誘い下さい。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-02-21 20:59 | 英語教育一般 | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 18日

【授業日誌】Thu, 18/02/09

今日は英Ⅰ×1+英構×2

英Ⅰはテスト範囲のLessonで用意したタスクを消化すべく突き進んだ。前時のタスクの解答→音読→ディクテーションで締め。アイルランドを扱っているこのレッスンで、エンヤが紹介されていたので、Orinoco Flowを授業のBGMにチョイス。ケルト音楽はどうだっただろうか。

英構ではExecise Marathonの2回目。テンポ良く学習を進めていく生徒もいるが、とりあえずノートチェックを受ける生徒もいたりと、丸付けは結構大変。しかし、今後の指導の方針やらアドバイスの方向性やらを得る良い機会となっている。文法事項の習熟以前に、英文の基本的構成に習熟していない生徒がままいる。これから英語を伸ばしていくためには、文法力が必要不可欠。より適切なアドバイスが与えられるようになった。文法参考書付属の文法テキストをまずは丁寧に反復しながらつぶしていくことが大切。まだ道半ばだ、頑張れ!

今日は模試の成績(速報版)が判明した。今の年次の過去3回のなかで最高の結果であった。もっというと、過去の学年の中でも最も良い結果となった。層の分布にも有意な差が見られる。課題は多く残るものの、順調な生育状況である。

模試を見て、上位者と下位者の差を決定づけているのは文法であることを実感。文法が悪く読解がよい者は印象で読んでいるのだろう。文法力をつけることで他領域に対する波及効果は高まるのではないだろうかというのがJacquesの仮説。そのための手は考えてある。次は2年7月。頑張ります。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-02-18 23:06 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 17日

【授業日誌】Wed, 17/02/10

今日は週の中で一番コマ数が多い4時間

英Ⅰは該当レッスンを扱う最終段階に。以前に積み残したtaskの解答をあっさりと行い、数度の音読を経て、ディクテーション。今回は名詞編に取り組んだ。いつもはrapid readingで収録されているCDを聞かせているのだが、早すぎたため1度slow versionを聞かせる。音読をした後のタスクの達成度合いは比較的高い。

英構はexercise marathonの時間。参考書を見ながら問題を解く者、わからないところを他の生徒に聞く者、Jacquesに採点を求める者など、密度は結構高かった。英語を苦手にしている生徒に聞いてみると、「少しずつだけど出来るようになってきた」と印象を語っていた。この生徒は継続的にノートを提出しチェックを受けている生徒である。採点していてもわかり始めてるのかなと手応えを感じられる。

教員が一律に教えるよりも効果は高いかもと思うに至った。さて、来週月曜日までの期限内に3周完走となる生徒はどれくらいいるだろうか? 
[PR]

by jacques_southhill | 2010-02-17 22:46 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 15日

【授業日誌】Mon, 15/02/10

今日は英Ⅰ×1+英構×2

英Ⅰでは、全校一斉にやった単語テストの出来が悪かったので、クラス全員に対し追試。前回やったテストと併せ、どちらも不合格だった場合にはさらに追試に回ることとなっていた。今回は10人ほど合格し、最終的に不合格で追試に回る者は4名。上々。どの科目も、小テスト負けが混んでしまう者が相当数出ている現状。緩みすぎ。というわけで学年集会で意識改革を迫った。学習活動は自己への投資。意識が変わり頑張っている様子が伝わってくる者も出ているが、全体の雰囲気としては今ひとつ。考査が近くなれば盛り上がるのはよいとしても、英語に限って言うと普段家で音読や暗写などの基礎トレーニングをどれだけやっているかが問われる。テストを無事にクリアするだけではなく、本物の力としてほしい。これがJacquesの願い。

英構は試験範囲をひとまず終了。残り3回あるが、exercise3周マラソンに使っても良いことにした。推薦入試等で時間が出来たのか、ノートの提出が計10冊以上。採点をし、返却ともくろんだが、いくつかは時間切れで、採点は次回提出時に持ち越し。3周のノルマをこなした者1名。よしっ!
[PR]

by jacques_southhill | 2010-02-15 20:33 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 13日

【授業日誌】 sat, 13/02/10

今日はもちろん授業があったわけではないのですが、部活もあったので出勤しました。

空いている時間はもっぱら考査作り。とりあえずは完成を見ました。今回は英語構文担当。リスニング・準動詞・比較・関係詞・仮定法と盛りだくさん。「一刻を争う」テストになりそうです。インテイクが十分に出来、アウトプットが自動化されるよう学習を促す予告は済んでいる。これを忠実に実行できるか否かが勝負の分かれ目。

この頃は、自分の担当学年だけではなく、教科全体にまたがる仕事をしていた。3ヵ年のcan-doリストやら、入試を見据えた生徒の行動目標やら、入学生のしおりに掲載する教科のページの改定案作りやら…。今年やってきたことをメインに3年間の見通しを立ててみた。基礎的な部分(文法・語い)は2年次で終了して、多読・多聴を3年次に持ってきたい。そのためには2年次で何をするかが極めて重要。1年次は基礎体力作りに終始した。語学は右肩上がりではなく漆塗り。下地がきっちり出来上がっていればいいのだが。

明日も部活のため出勤。あっ、英検の結果が帰ってきた。なかなか良い結果である。来週から面接練習依頼が舞い込むことだろう。頑張ります。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-02-13 20:37 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 08日

【授業日誌】Mon, 08/02/10

GTECのフィードバックを先週金曜日に行った。個人にデータシートを渡し、Writingのメッセージ(ネイティブの採点者による)を読ませ、一通り資料の見方等を解説。得点よりも、ポジティブな言葉によるフィードバック(すでに印字済み)に気持ちが前向きになった生徒が多数。Jacques個人はネガティブなフィードバックで煽るような感じ(意図的に)なので、ことさら前向きになれたよう。これが瞬間ではなく継続してくれればよいのだが、果たして!?

英Ⅰも1レッスンを通して扱うスタイルで早1レッスンが終了した(各クラス6時間程度かかった)。ただ、暗写テストはパート毎に行っているが、パートが進むにつれスコアが…。家でなされるべきトレーニングがなされていない様子。

英構は難所関係詞を今日無事に終了。今日は関係副詞を扱う。

・関係詞節から関係詞を除いた部分を板書し、完全な文か不完全な文かをペアで考えさせる。
・先述の部分に先行詞と←を追加で板書し、矢印を言語化させる(正解はひとつではないので、可能な組み合わせを全て考えるよう指示)。これもペアワーク
・全体で確認。
・関係副詞(when/where)の裏には、前置詞+関係代名詞があることを伝える。
・関係詞節内の「完全/不完全」が関係詞の選択に影響を与えることを強調し、例文の音読

あとは演習と参考書の読み込みでこの部分の定着が図られれば言うことなし。exercise3周マラソンも、大多数の者が緒に就き始めた。後は数をこなし、完璧と言えるものをどこまで増やしていけるかが課題である。1周目は辛いが、2周目→3周目は少し楽になっているはず。

今週は推薦入試があるため、授業自体は水曜日で終わり。去年の今頃は受験生だったのだが、月日が経つのは速いもので、多くの者が「高校生」に変わり始めている。この調子、この調子。まっ、至らぬところがあるのはご愛敬ということで。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-02-08 20:10 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 01日

【Resources】困った時に漁る文献

1つ前のエントリーで記したとおり、ある種軌道修正を迫られた感があり手持ちの資料をひっくり返してみた。今日家に連れて帰ってきたのは、「平成18年度~平成20年度 SELHi研究開発実施報告」(北海道函館中部高等学校 編)である。函中SELHiの歴史が凝縮された1冊である。特にGTECのスコアの項は熟読した。

データをもらい頭を抱えたのが今日の昼下がり。学年の先生方や他学年に所属する英語科の先生からは「ここから伸ばす楽しみがあるじゃない」「導入1年目だから…」と前向きな言葉を頂きちょっと前向きになれた。函中の研究紀要もこれから頑張るエネルギーをくれた。

もう少し落ち着いて分析することが必要か? 数字は良くも悪くも影響力がある。わかりやすいがその背景を読み解くのが当事者として関わる者の務め。頭冷やして分析したい。2月下旬にはB社の方を招き研修会。そこで詳しく話を聞くための土台は最低限作っておきたい。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-02-01 23:38 | resources | Trackback | Comments(0)