HEART & SOUL for daily English lessons

jacquessh.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 24日

【授業日誌】Mon, 24/05/10

今日はW(3年向け+2年向け)+英Ⅱ×1

3年は今日例文の暗写テストを行った。Jacquesが読み上げる日本語を聞いて英文を書いていくという形式の小テストである。この形式のテストも2回目。今日は授業開始数分前に行くと英文を何度も読んで最終チェックする姿が多く見られた。例文は5題出題し、満点=総語数、合格点=総語数の7割(小数第1位は切り上げ)以上としている。この形式は今年ふと思いついて導入したものである。結構不合格者の数が少ない(33名で片手で数えられるほど)。accuracyを見る向きには適切ではない形式かもしれないが、fluencyを見る向きには比較的機能しているようだ。否定を扱ったLessonなので、該当箇所を参考書で読ませながらのいつものスタイル。3年は今年初めて授業を担当するのだが、結構いい感じで取り組んでくれている。不合格者には職員室で暗唱テストが待っている。

2年のWも今日例文テスト。こちらは若干不合格率が多めだった。その後Review Lessonの例文を一通り音読し、時間を計って教科書と和訳が載っているハンドアウトを見ながらの筆写。一語一語英文を見るのではなく、ある程度のまとまりをまとめて見て書き写すように指示。15分ほど経ったところで時間切れ。一心不乱に生徒は英文を書き写していた。手をマッサージし授業終了。

英Ⅱもいつもの流れ。単語帳の50語の読みを導入し、コーラスリーディングと和訳を聞いて英単語を読む全体練習。その後ペアで更に読みの練習。教科書は宿題としていたハンドアウトを解答し、善事に扱った本文中のチャンクをペアワークの後、全員でゲーム形式で小テスト。その後ひたすら音読練習。今日は1レッスン一気に読む練習をした。

こう見ていると、さながらトレーニングの様相を呈している。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-05-24 22:55 | 日々の営み(授業) | Trackback(1) | Comments(0)
2010年 05月 24日

【雑記】学ぶ生徒、学ぶ教員

今日、こんな出来事があった。

Jacquesは現在2年次生の担任をしている。朝HRに行くと、とある生徒が読売新聞の記事とそれを自分で英訳したものを持ってJacquesのところへ来た。添削して欲しいと言うことだった。

記事は、昭和大学で歯科医師を養成するために患者役ができるようなロボットを開発したという内容だった。

午前中の空き時間を見て添削をした。それだけでは本当のところが見えなかったJacquesは自分で英訳してみた。細かいつながり等に注意しながら久々に和文英訳をした。それが終わって昼休みに件の生徒を職員室に呼び若干の解説と自分が作った訳例を渡した。

今やインターネットを介して世界とつながっている時代である。学ぼうと思えば素材はそこかしこに転がっている現在、自主的に興味深い記事を探し英訳を試みようとする彼女に頭が下がる思いである。と同時にJacquesに学びの機会を与えてくれたことに感謝した。今後もまた持っておいで、と言った。

ちなみに彼女はThe Daily Yomiuriを講読しているそうだ。Jacquesも以前講読していたが、なかなか目を通せなかったので断念した経験がある。

自分から積極的に英語にアクセスしようとしている彼女に拍手を送りたい。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-05-24 22:19 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2010年 05月 23日

【雑記】公開授業参加に望まれる姿勢

先週本校は「互見授業週間」。Jacquesも比較的多くの先生の授業を見学に行ったが、Jacquesの授業を見学しに来てくださった先生も数名ながらいらっしゃった。

本校の互見授業は、今回はコメント用紙に感想等を記入し教務部と授業者に手渡す形式でフィードバックを行う。どんな先生の授業であっても良い点・自分だったらこうするという点をJacquesは書くようにしている。全てが悪いということは決してないからだ。

しかし、Jacquesのところに見に来たとある先生の姿勢には疑問符をつけざるを得なかった。

その先生はふらっと何の前触れもなく授業に現れ、気付いたらいなくなり、コメント用紙を見れば改善点のみ(ちなみに授業の一部しか見ていない。指摘された点はその授業ではもちろん、日常の授業でもやっていることである)。結びには「指導法を研究しましょう」と。

その目線に苛立ちを隠せなかった。言われなくても研究はしているし、指摘は的外れだし、なぜか上から目線だし(実際数歳年上なんだけどね)。いらだってコメント用紙を破り捨てた。

頭を冷やして、翌日件の先生に次のように言った。

「そのような姿勢で授業を見に来られるのなら、来ていただかなくて結構です。」

彼女はこの言葉をどう受け止めたのだろうか。批評だけなら評論家に任せておけばよい。私たちは実践家である、とJacquesは思っている。良し悪ししか語れない評論家のコメントは聞きたくもない。一緒に学年を組んでいる方なのだが、人間性を疑ってしまった。「あなたはいつも完璧なのですね」と言ってみたかったがその言葉を飲み込んだ。こうした姿勢では人を育てることは出来ない。

授業を評論するために公開授業を見るのではなく、自分の授業に何か取り入れることはできないか、という視点で授業を見学するべきだと思う。そうしなければ、学びは存在しない。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-05-23 20:12 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2010年 05月 18日

【授業日誌】Tue, 18/05/10

今日は朝全校一斉の10分間単語テストがあった。

今年から、Jacquesは週4時間ある英語Ⅱのメリットを生かし、範囲の単語を40語程度ずつ1週間かけて扱っている。授業でも薄く(1時間当たり)広く(継続的に)、である。
生徒にコーラスリーディングさせたり、ペアワークでクイズをさせたり、手を変え品を替え1週間同じ40語に触れさせている。週の最後にはテストを行い、定着を促した。キムタツ方式をそっくりそのまま取り入れたのである。

で、迎えた今日のテスト。

Jacquesが担当している2クラスは不合格者0!(不合格は60点以下)平均点も90点オーバー。

正直驚いた。こんなことがあるんだと。こんなの初めて。

語いと文法事項は定着に時間がかかる。意識的に取り組んでいかなければならない。生徒には「短時間で覚えたものは短時間で忘れる、長時間かけて覚えたものは長時間記憶にとどまる」とことある毎に伝えている。

I'm happy to see that all of you have passed!! と授業でも言い続けて今日1日が終わった。Thanks a lot, guys!
[PR]

by jacques_southhill | 2010-05-18 22:29 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 05月 17日

【授業日誌】Mon, 17/05/10

今日は英Ⅱ×1+W(3年向け×1+2年文系向け×1)

今日は3年のWritingについて
基本的な流れは「例文の徹底音読→例文で扱われている事項の説明→PRACTICE(→本当はフリーライティングやりたい)」。これを2~2.5時間かけて1レッスンを行う(使用教科書はPROVISION)。今日はPRACTICEの和文英訳。生徒を指名し黒板に出させて書かせる等の手法が一般的(と思う)。が、Jacquesは次のようにやっている。

0)ハンドアウトに、日本語を英語の語順に直したものを予め載せておく。また、英作文の際に使うコロケーションを提示。
1)ペアで相談、または希望生徒は添削
2)模範解答をJacquesが読み上げ、生徒はディクテーション。

生徒が書いたものに対するフィードバックを極力与えたいと思い上のようにやっている(手間はかかるが)。添削を申し出た生徒は全体の3分の1ほど。common errorもそこで見つけられるので、随時生徒に還元しながら授業を進めている。今日は「早く」に関わる表現をピックアップし、辞書を用いてその違いを確認。今後は、peer reviewを行う方向性を模索したい。

「私も早く自分の力で生活できるようになりたいと思います」の「早く」はearlyではなくsoonということがポイント。その上で、quickやらfastやらにも目を向けてもらった。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-05-17 21:36 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 05月 12日

【授業日誌】Wed, 12/05/10

今日は英Ⅱ×1+W×1

英Ⅱでは月1回の英単語テストに向け、1週毎にまとまった語数(40語)の練習を行っている。月1回の単語テストでは、今回120語を範囲としている。英単語を見て日本語の意味がわかるかどうかを試す出題となる。単語を導入し、生徒にペアワークをさせ、定期的にテストを行う。このサイクルを試行している。自学自習が前提となりがちな語い学習だが、1回当たりの時間は短く、1週間というスパンでどれだけ定着させられるか結果を注視したい。

Wでは練習問題の確認とフリーライティング。進み具合は順調だ。全レッスンで教科書付属のフリーライティングに取り組んでいる。添削する手間はかかるが、少人数にしているため何とか回っている。

話は変わるが、今注目しているのは「視写」である。英Ⅱの日本語訳(英語の語順に並べ替えたもの)と英文を1枚の用紙に裏表で印刷し、力試しをしたい者は和文英訳、力をつけたい者は裏を参照しながら日本語訳の下に英文を書く作業である。概ね良く取り組んでいた。改良点としては、1レッスン分を一気に与える形式から、1パートを与える形式へ変更することが挙げられる。思いの外時間がかかるからだ。

私の中で新たな着想が生まれてくる時期を迎えているようだ。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-05-12 23:39 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 05月 10日

【授業日誌】Mon, 10/05/10

今日はW(2年向け1+3年向け1)+英Ⅱ×1

今日の日誌はWについて。
Wは例文を覚えることを主眼に授業をしている。覚えた英文を使いWの本来の活動につなげるような説明を心がけている。本校で使用している教科書はprovision English Writing。文法シラバスに基づいているため文法事項の復習もできる。また、機能別の表現も各レッスンで扱われている。

<jacquesが心がけていること>
1)文法事項は「書く」視点で説明を加える。
2)例文は繰り返し生徒に読ませる(もちろん手を換え品を替え)
3)和文英訳等は実際に書く流れを重視する(和文を英語の語順に並べ直す、日英間の表現法の違いに言及する、パラフレーズできる英語を考えさせる、など)

Wの授業は2年ぶりである。2年前に使った教科書はListeningから導入する作りだったのでそのようにしていた。今年は文法事項の説明(forestの該当箇所を読ませ自分で確認させる)も重視している。最終的に不明点をreference等を用いて調べ、自力で言いたいことを英語で書ける生徒をWの授業を通して育てたいと思っている。よりよい方法を模索し生徒達に還元したい。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-05-10 23:54 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 05月 07日

【授業日誌】Fri, 07/05/10

今年度になり授業日誌の間隔が空いてしまいました。

今日は英Ⅱ×2+3年次生向けW×1

英Ⅱは今年度初の暗写テストをやったクラスが1つ、毎週恒例の文法問題集演習クラス×1
暗写テストはパート毎に実施している。今回のパートはパラグラフが2つ。その中に英文が4つ。1年次に比べ格段に1文の長さが長くなっている。そんな中であるが、概ね結果は良好である(まっ、初回につき合格基準点を若干下げたというのと文の少なさという要因もあるが)。不合格者は職員室で暗唱。
文法演習は函館中部の「教えない英文法」に範を取ったもの。1年次で仕上げたforest intensive grammarの付属ワークブックを全員に購入してもらい、3周繰り返してもらおうというもの。授業の中で週1時間演習時間を確保しているのだが、なかなかペースが上がらないのが悩みの種。辞書を引きながら、forestの参考書を見ながら内容を確認する者、友達に聞く者と黙々と取り組んではいる。解答を持たせているので、各章が終わったら自己採点しJacquesから判子をもらう形式でやっている。各クラスでやっている面談の中でも、この方法を取り入れてから理解度が上がったという声も聞こえるようになった。文法と語法各分野の強化がこの年次の課題。そうでないと3年次になって本格的に問題演習で追い込みたい時に追い込みが出来ず、入試に向けた勉強と称して単語帳や四択問題集を延々とやり続けるだけで実りのない結果になってしまうでしょう。

Wは今年初めて接する生徒達だが、素直さに賭けてみたいと思わせてくれる生徒達です。今後も頑張ります。
[PR]

by jacques_southhill | 2010-05-07 21:10 | 日々の営み(授業) | Trackback | Comments(0)
2010年 05月 03日

【雑記】多忙の四月を抜け

久しぶりのブログ更新です。家からネットにアクセスできない状況がしばらく続き、今は実家で更新をしています。

連休、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。Jacquesは4/29から7連休ということで、29は出勤し仕事を片付け、30日から実家に寄せてもらっています。30日はJacquesの誕生日。というわけで、就職してから初めて両親と誕生日を過ごしました。もう年を重ねることを喜ぶ年でもないので、産んでもらったこと、育ててもらったことに感謝する日でした。

4月中は目の回る忙しさでした。近年まれに見るくらい。教科のことが後へ後へと回されていく状況に正直頭を抱えながらも、何とか乗り切りました。

話題の場所(北広島のアウトレット)にも行き、話題のものを食べ、本屋に行って書籍を大人買いし、基本のんびりすごしています。大人買いした本の中には、当然教科指導関連の本も含まれますが、なぜかビジネス書も入っていたりします。ドラッカーにちょっとはまりつつあります。組織運営の仕方に参考となる点が多々含まれているからです。高校の野球部の女子マネージャーがドラッカーの方法論に従って部活動を活性化させていく話(タイトル失念、もちろんフィクション)から入って行き、彼の著書を2冊買いました。困ったときに読む書籍となることでしょう。郊外にある某大型書店では、カーネギーの隣にありました。カーネギーは「人を動かす」という本でも有名な方です。彼らはビジネスの世界で珠玉の言葉を後に続くものに残してくれましたが、この仕事はチームで人にあたらなければならないという特性があります。教育書以外にも学ぶべき文献は多いようです。

今はやる気をチャージしています。いい感じでチャージ中です。See you on my blog!
[PR]

by jacques_southhill | 2010-05-03 18:42 | 雑記 | Trackback | Comments(0)